様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 結婚式 > 結納を行う時期

スポンサードリンク

結納を行う時期

結納を行う時期は、式の半年〜3か月前が一般的です。かつては、吉日の午前中に行うものでしたが、最近はこだわる人は少なくなっていて、都合のつきやすい週末にする人が多いようです。それでも、夜や夕方を避け、午前中かお昼頃に行うのがいいでしょうね。

結納は必ずしも決まりきった形式は必要はありませんが、けじめをつけるためにも何らかの形をとった方がいいでしょう。結納金と結納返しだけを行うとか、一同で食事をするなど、両家で納得のいくように行うようにしましょうね。

略式結納を行う場所としては、最近はホテルや料亭の個室が一般的です。ホテルのパックプランは6名で12〜18万円程度の料金が相場となっています。料亭では一人・一万円から、料理によって値段が変わってきます。個室料はかかるところとかからないところとあります。どちらも結納品は持ち込みの場合がほとんどです。ホテルにはデパートが出張してきているところもあり、そこで頼めば持ち込みの手間が省けて便利ですので慌ただしくならないように利用すると良いでしょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
結婚披露宴でのスピーチ
結婚祝い
婚約と結納
結納の準備
結納金と婚約指輪
挙式の準備
挙式日を決定するときのポイント
結婚式場の選び方
結婚式場の値段交渉
結婚式・披露宴出席者の決め方
挙式までの心得1
挙式までの心得2
挙式の進行
仏前結婚式
結婚後の新居の準備
結婚費用の分担はどうする?
結婚式招待状の返事の出し方
披露宴を欠席する場合
披露宴当日のマナー
披露宴でのマナー
結婚披露宴でのスピーチのマナー
結納を行う時期