様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 結婚式 > 披露宴当日のマナー

スポンサードリンク

披露宴当日のマナー

挙式や披露宴に遅刻するのは、絶対禁物です。交通渋滞なども考えて時間には十分な余裕を見て出かけましょう。定刻の30分前には着くようにしたいものです。

出席の予定であったのに、事情で突然行けなくなったときは、主催者側にその旨を必ず伝えます。会場に電話を入れ、ご両親に伝えるのが最適。ただし、理由はあまり細かく話さないほうが良いでしょう。「後日、あらためてお祝いに伺わせていただきます」と添えておきます。会費制の場合は、会費を全額支払うのがマナー。お詫びの手紙を添え、招待状の差出人あてに現金書留で会費を送ります。

定刻の少し前に受付に行きます。ここでは、お祝いの言葉を述べ、どちら側の出席者であるかを述べます。ご祝儀は、予め式の前に贈るのが本当ですが、やむおえず当日になる場合には、受付で渡します。席次札を渡されたら受けとり、芳名帳に著名しましょう。宇がへただからと、著名を辞退するのは失礼です。夫婦で出席する場合も、夫が姓名を書いた後、妻は自分の名前を自筆で著名します。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
結婚披露宴でのスピーチ
結婚祝い
婚約と結納
結納の準備
結納金と婚約指輪
挙式の準備
挙式日を決定するときのポイント
結婚式場の選び方
結婚式場の値段交渉
結婚式・披露宴出席者の決め方
挙式までの心得1
挙式までの心得2
挙式の進行
仏前結婚式
結婚後の新居の準備
結婚費用の分担はどうする?
結婚式招待状の返事の出し方
披露宴を欠席する場合
披露宴当日のマナー
披露宴でのマナー
結婚披露宴でのスピーチのマナー
結納を行う時期