様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 結婚式 > 結婚費用の分担はどうする?

スポンサードリンク

結婚費用の分担はどうする?

結婚の費用は、大きく分けて2つ。1つは挙式・披露宴の費用、もう1つは新生活のスタートの費用です。このうち、挙式・披露宴については、花嫁に関することは女性側、仲人に関することは男性側と考えておけばいいでしょう。

挙式当日のためには、次のようなものがあります。

男性側が出すもの 媒酌人へのお礼、結婚指輪代(男女2個)。
両家折半 挙式料、印刷物、音響などのレンタル料、受付などの小物や備品代、受付係へのお礼など。
両家折半または各家持ち 司会者へのお礼など。
人数割り 料理代、引き出物代、花代、記念写真代など。
両家、各自持ち 貸し衣装代、着付け料、着付けご祝儀、それぞれの主賓・来賓へのお車代、その他の車代、雑費など。

以上の挙式の費用を見ると、女性側が男性側より60万〜100万円ほど多くかかります。これを補填するために、新婚旅行費用は男性側が全額持つのが普通です。ただし、地方によってはこのとおりとは言えませんし、住宅を購入するときに、折半する方法も考えられます。

新居の調度品は、かつては男性が水回りのもの、女性が寝具などを揃える事になっていましたが、今は2人でよく相談して決めるのがよいでしょう。費用は、もし男性が新居の準備をするのであれば、家具類は女性が多めに負担するというふうに考えます。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
結婚披露宴でのスピーチ
結婚祝い
婚約と結納
結納の準備
結納金と婚約指輪
挙式の準備
挙式日を決定するときのポイント
結婚式場の選び方
結婚式場の値段交渉
結婚式・披露宴出席者の決め方
挙式までの心得1
挙式までの心得2
挙式の進行
仏前結婚式
結婚後の新居の準備
結婚費用の分担はどうする?
結婚式招待状の返事の出し方
披露宴を欠席する場合
披露宴当日のマナー
披露宴でのマナー
結婚披露宴でのスピーチのマナー
結納を行う時期