様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 結婚式 > 結納の準備

スポンサードリンク

結納の準備

結納には、結納品、結納金、目録、受書、家族書、親族書が必要です。

まず結納品は、昔の縁起物をセットにしたもので、デパートや結納品店で買う事が出来ます。正式には長悛斗(ながのし)、末広(すえひろ・寿恵広ともいう)、友白髪(ともしらが・友志良賀ともいう)、子生婦(こんぶ)、寿留女(するめ)、勝男武(かつおぶし・松魚節ともいう)、家内喜多留(やなきたる)などのおめでたい品々に、結納品の品目と数量を記した目録、そして結納金を包んだ金包みを加えた九品目が結納品となります。

昔は、すべて現物で贈られていましたが、現在では名称だけが残り、するめや昆布を除いて、ほとんどが現金で贈られます。

正式な九品目のほか、地方によっても特色があります。

このうち「料」とつくものは、現金という意味になります。どの程度のものにするかは、仲人を通じて、両家でよく話し合って決めましょう。

なお、結納品そのものにどのくらいのお金をかけるかは、これは結納金とのバランスで考えます。一般的には結納金の10%程度で、たとえば結納金が100万円なら、10万円程度のセットを求めればよいでしょう。ただ、関東は品目が少ないので、これより多少は安くなってもかまいません。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
結婚披露宴でのスピーチ
結婚祝い
婚約と結納
結納の準備
結納金と婚約指輪
挙式の準備
挙式日を決定するときのポイント
結婚式場の選び方
結婚式場の値段交渉
結婚式・披露宴出席者の決め方
挙式までの心得1
挙式までの心得2
挙式の進行
仏前結婚式
結婚後の新居の準備
結婚費用の分担はどうする?
結婚式招待状の返事の出し方
披露宴を欠席する場合
披露宴当日のマナー
披露宴でのマナー
結婚披露宴でのスピーチのマナー
結納を行う時期