様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミン剤の効果

スポンサードリンク

ビタミン剤の効果

外食や不規則な食生活の影響で、ビタミン、ミネラル類の摂取量が不足し、栄養のバランスが崩れる「半栄養失調」状態,喫煙、飲酒の習慣がある人、ストレスをためやすい人の強い味方がビタミン剤。
ビタミン剤には、薬事法の基準に基づいて効能が認められた医薬品と医薬部外品、そして栄養補助食品があります。
医薬品は薬局でしか販売していませんが、医薬部外品の一部と食品はスーパーなどでも購入できます。
店頭で手に入るビタミン剤は、医薬品と医薬部外品、食品(栄養補助食品)の3つに分けられます。
ですから、それぞれの特性を知った上で、自分に必要なビタミン・ミネラルを効果的に摂取していくことが大切なのです。
ビタミン・ミネラルには、代謝をはじめとする体内のさまざまな作用に関わる「生理的な働き」と、それに必要な量よりも多く摂取することで体の不調を改善する「薬理学的な働き」のふたつの働きがあります。
後者の場合、ビタミンだけでは十分に吸収されないため、ビタミン誘導体を配合することで、体内に栄養を取り込みやすくします。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果