様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > リンの効果

スポンサードリンク

リンの効果

リンはカルシウムに次いで存在量が多く、その80%がリン酸カルシウムとして骨や歯に使われており、カルシウムとともに丈夫な歯や骨を作り出す役目をしています。
リンは骨や歯以外に神経や筋肉にも存在します。
腎臓や心臓の働き、脳をはじめとする神経の伝達、ビタミンB群のナイアシンの吸収などになくてはならないミネラルです。
不足すると骨軟化症、骨の石灰化遅延、発育不全、くる病を引き起こしますが、リンは動物性食品にも植物性食品にも合まれているほか、加工食品の添加物としても使用されているので、摂取不足にはなりにくいミネラルです。
むしろ、現代人は、過剰に摂取している傾向があります。
しかし、菜食主義や玄米食の人は、めざしやチーズなどを食べるようにしましょう。
リンが血中に過剰に存在すると、カルシウムがバランスをとろうとして骨に貯蔵していたカルシウムを血中に放出します。
その結果、骨に貯蔵されるカルシウムが減少し、カルシウム不足をさらに助長させてしまうのです。
骨や歯の形成に不可欠なミネラルですが、摂取量には注意が必要です。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果