様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > カリウムとナトリウム

スポンサードリンク

カリウムとナトリウム

ヒトの体内は、細胞内にカリウムが、細胞外にナトリウムが多く存在し、イオンバランスをとっています。
この調節にひと役買っているのがナトリウムポンプ。
ナトリウムポンプは常に細胞内に入り込んだ過剰なナトリウムを汲み出し、かわりにカリウムを取り入れています。
ところがナトリウムが細胞内に過剰に入り込み、バランスが崩れると、細胞は少しの剌激にも過敏に反応するようになります。
この過剰反応が血管の平滑筋で起きると、血圧を上げろという脳からの命令に過敏に反応し高血圧を起こしてしまうのです。
本来、心臓や筋肉の細胞内には、ほとんどナトリウムは存在しません。
しかしナトリウムの過剰摂取やカリウム不足により、細胞内にナトリウムが増えると、心筋の働きが正常でなくなり、不整脈や心伝導障害を引き起こします。
また、全身の筋肉に脱力感が生まれます。
このとき、細胞内に十分にカリウムが存在していれば、よぶんなナトリウムは細胞外に汲み出され、血管の反応を正常に保つことができるのです。
カリウム不足によるナトリウムの細胞内増加は、心臓をはじめとして筋肉の働きにも影響を与えます。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果