様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > カルシウムの効果

スポンサードリンク

カルシウムの効果

カルシウムというと、骨。
体内に存在するカルシウムの99%が骨や歯の成分になっています。
残り1%ほどのカルシウムは、骨以外の血液や筋肉などに存在します。
血液や筋肉の中のカルシウムを機能カルシウムと呼び、血液から細胞に運ばれその役目を果たします。
骨のカルシウム濃度を1とすると血液は1万分のー、細胞ではその1万分の1ときわめてわずかしか存在しません。
しかし、そのわずかのカルシウムが細胞の働きには必要です。
血液のカルシウムが少なくなると、骨の中に貯蔵されていたカルシウムが、血液や筋肉に放出され、この結果、骨がもろくなり、カルシウム不足が続くと骨軟化症や骨粗握症が起きるのです。
カルシウムは筋肉の収縮や血液の状態にも関係があり、高血圧や動脈硬化を引き起こす原因にもなります。
また神経伝達の上でも大きな影響があり、神経の興奮や緊張を緩和する働きがあります。
腸からのカルシウムを吸収させるのが、活性型ビタミンD。
ビタミンDは日光にあたる事で作られ、肝臓と腎臓を経由して、活性型ビタミンDに変わります。
カルシウムは、ご飯や麺類、イモ類などの炭水化物と一緒に食べると、吸収率が上がります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果