様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ミネラル

スポンサードリンク

ミネラル

一般的にミネラルとぱ、人間の体内に存在する元素のうち、炭素や水素、酸素、窒素をのぞいたもののことをいい、そのなかでも、生体にどうしても欠かすことができないミネラルを必須ミネラルと呼んでいます。
どの元素も体内に存在する量は、ごくわずかです。
必須ミネラルには、骨や歯の健康を促進するカルシウム、リン、筋肉の機能を正常に維持するマグネシウム、2つが拮抗して働くナトリウムとカリウム、塩素、味覚異常を防止する亜鉛、貧血を防ぐ鉄、銅、マンガン、コバルト、モリブデン、セレン、ヨウ素、クロムなどがあります。
体内でいちばん多い成分は水で、次がタンパク質、脂質、炭水化物などの有機化合物、そしてミネラルが占める割合は約4%程とごく少量。
その上、ミネラルは体内で合成することができないので、食物から摂取するしかありません。
ですから摂取量が不足すると、たちまち欠乏症が起き、さまざまな病気を引き起こします。
人気のミネラルウォーターは、ミネラルの含有量については、水道水とあまり変わりません。
ミネラルは、わずかな量を駆使して体内のあちこちで重要な役割を果たしているのです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果