様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミンKの効果

スポンサードリンク

ビタミンKの効果

ケガなどで出血したときや炎症によって内出血したときに、血液が固まらせる働きをするのが、ビタミンKです。
Kが不足すると、正常に血液凝固因子ができず、血が固まりにくくなるのです。
赤ちゃんの授乳中のお母さんが、ビタミンK不足だと、新生児出血といわれる、新生児の出血や生後2〜3週間の頭蓋骨内出血がまれにあります。
カルシウムが骨へ沈着するときに必要なタンパク質オステオカルシンの合成に関わるのもビタミンK。
カルシウムに深く関わっているビタミンDや、骨のタンパク質成分のひとつであるコラーゲンの形成に関わるビタミンCと共に、ビタミンKも骨には欠かせないものです。
成長期ばかりでなく、その後も十分にビタミンC、D、Kをとるように心掛ければ骨粗しょう症などを防止することができます。
骨を石灰化するときもKは重要な役割を持っており、骨を丈夫にするために縁の下で働いているのがビタミンKといえるでしょう。
ビタミンKは、食事次第で摂取量が大きく変わります。
薬などで、抗生物質を取っていると、ビタミンKを作り出す機能が低下するので、注意しましょう。
ビタミンKは、納豆に多く含まれています。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果