様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミンEの効果2

スポンサードリンク

ビタミンEの効果2

ビタミンEは不妊に効果がある物質、それはビタミンEが副腎と卵巣にたくわえられ女性ホルモンや男性ホルモンなどのステロ イドホルモンの代謝に関わりがあるか らです。
女性は閉経後の更年期時、体内のビタミンE濃度が大きくダウンします。
これが更年期障害に大きく影響しています。
この時期にビタミンEを補うと、更年期障害が楽になります。
男性もビタミンEの投与によって、精子の数の増加、精力減退防止などのデータもあります。
ただし一時的な大量摂 取で、効果が出るわけではありませんので、日頃からビタミンEの摂取を心掛けることが大切です。
末梢の毛細血管を拡張させるのもビタミンEの特性。
冷え性の人や肩凝りの人はビタミンEをしっかりとって、末梢血管の血液の流れをよくすれば、かなり症状が改善されるはずです。
血液の流れが良くなれば、新陳代謝も活発になり、肌の潤いや張りを保つことができます。
冬場に肌がカサつく人はビタミンEを意識してみましょう。
また、Eは脂溶性としては毒性が低いのも特徴です。
ただし、ビタミン剤による多量摂取には注意が必要です。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果