様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミンCの効果4

スポンサードリンク

ビタミンCの効果4

コレステロールにも、ビタミンCが作用します。
コレステロールは、細胞膜に欠かせない成分で、しかも胆汁酸やホルモンなどの分泌物の大事な材料。
体内でも生産され、また食物からもとりいれています。
肥満になったり、脂肪の多い食事をしていると血中でコレステロール過剰になり、動脈硬化や心臓病、脳卒中などの心配が出てきます。
コレステロール値が高くなったら、ビタミンCを十分にとりましょう。
とくに人に悪さをする悪玉コレステロールを減少させるというのですから、脂肪好きには朗報です。
いつの間にか体内にできて、生体膜や細胞膜といった体内の小さな場所を徐々に壊していく、フリーフジカルや活性酸素。
そのとき後を託されるのがベータカロチン、ビタミンC、ビタミンEの抗酸化ビタミンです。
Cは、血液の中や細胞の内側の液体の成分で働いています。
野菜ぎらいな人、ストレスが多い人はとくに意識して抗酸化パワーを侍つCを補給しましょう。
ビタミンCは、Eと一緒にとる事で、心筋梗塞による死亡率がかなり低下したとの発表もあります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果