様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミンCの効果1

スポンサードリンク

ビタミンCの効果1

最近、ビタミンCが、ストレスやガンに対して、強力なパワーがあるという事で、注目されています。
ビタミンC不足が引き起こす「壊血病(かいけつびょう)」、 壊血病は古代エジプトのパピルスにも記録が残っているほど、人間を長い間悩ませてきました。
壊血病は血管がもろくなって、歯ぐきや内臓など体のあちこちで出血が起き、骨ももろくなり、死にいたる病です。
中世ヨーロッパでは非常に恐れられていました。
18世紀には柑橘類を食べると予防と治療になることがわかり、20世紀になると「ビタミンC不足が原因」であることが突き止められ、治療法も定まりました。
血管や骨がもろくなることとビタミンCの関係の間にあるのは、最近化粧品のCMなどで良く耳にする「コラーゲン」の存在です。
コラーゲンは体の細胞同士をくっつける「のり」のような役目をになっています。
このコラーゲンの生成にビタミンCが非常に関わりがあり、C不足は「コラーゲン生成の不完全→細胞の結合が弱まる→出血などを誘発する」という図式なのです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果