様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビオチンの効果

スポンサードリンク

ビオチンの効果

ビオチンは糖質のエネルギー代謝に大きな役割を果たしています。
糖質がエネルギーに変化する過程で筋肉で作られた乳酸が再び肝臓でピルビン酸を経て糖に作り変えられるとき(これを糖新生といいます)、酵素の働きでオキザロ酢酸にまず変えられ、さらにブドウ糖に生まれ変わっていきます。
ビオチンはその働きをする酵素であるカルボキシラーゼの補酵素です。
生卵は、その白身に含まれるアビジンが、胃の中でビオチンと結びつき、腸でのピオチンの吸収を妨げてしまいます。
しかし、熱を通すとビオチンと結びつかなくなるため、生食より加熱処理をしましょう。
最近、注目されているビオチンの薬理効果がアトピー性皮膚炎に関することです。
アトピーの炎症のもとである、ヒスタミンを減少させる働きをするとの報告もあります。
ビオチンは、ヒスタミンの元とも言えるヒスチジンを体外に排出し、アトピー性皮膚炎の原因を減少させると考えられています。
ほかにも、脂肪酸やアミノ酸の代謝、DNAの成分の核酸を作るなど、人間の生命維持活動に不可欠な場面で、ビオチンは補酵素として働いています。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果