様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ナイアシンの効果

スポンサードリンク

ナイアシンの効果

ナイアシンは、お酒と深い関わりをもった存在です。
体内に入ったナイアシンは、NAD(=ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチド)、NADP(=ニコチンアミド・アデニン・ジヌクレオチドリン酸)などの活性型になり、エネルギーの源である糖質や脂質の代謝の補酵素として働きます。
私たちの生命活動を維持するエネルギーの生産や脂肪の合成などに関係しているのです。
肉、魚、豆類に多く含まれていて、かつおぶしには、生のかつおより、多く含まれています。
さらにナイアシンのNADは、アセトアルデヒドを分解し、二日酔いも防止します。
体内に人ったアルコールは腸管で吸収され、血液を経て肝臓で分解されます。
分解にはアルコール脱水素酵素などの酵素が働きますが、NADもそのひとつです。
したがってアルコールを多くとると、それだけナイアシンも消費されるので、普段よりも多く摂取する必要があります。
ナイアシンが欠乏して発病するペラグラは、日本人の食生活ではほとんど心配のない病気ですが、過剰にアルコールを飲み続けると、ナイアシンを大量に消費して欠乏状態となりペラグラを引き起こすことがあります。
よく食べ、よく飲む人に不可欠のビタミンと言えるでしょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果