様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミンB6の効果

スポンサードリンク

ビタミンB6の効果

B6の不足は動脈硬化を招くともいわれています。
ビタミンB6の不足は、体内のピリドキサルー5'−リン酸の濃度を低下させます。
この長い名前の補酵素は、PALPと略され、タンパク質代謝、大脳の刺激伝達物質の生成、神経の刺激伝達のアミノ酸の生成に必要とされています。
ビタミンB6は脂肪の代謝にも関係していますから、肉や魚などのタンパク質や脂肪を含む食品をたくさん食べる人は、ビタミンB6の摂取も多くなければなりません。
B6は多めにとってもとりすぎの害はほとんど心配ありません。
また、妊娠すると尿にキサンツレン酸という物質が多く排出されます。
このキつわりの原因のひとつがビタミンB6不足と考えられています。
また、妊娠中は通常の6倍のビタミンB6が必要ともいわれています。
妊娠したらしっかりビタミンB6をとるようにしましょう。
ビタミンB6が不足すると、ビタミンB2不足と同じように脂漏性湿疹や口内炎などができやすくなります。
口内炎や肌あれ改善を目的としたビタミン剤には、ビタミンB2とB6が一緒に処方されているものが多くあります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果