様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミンの消費

スポンサードリンク

ビタミンの消費

ビタミンは、様々な要素によって、そのパワーを半減させられています。
それは、料理の際の水であったり、熱であったりします。
昔に比べ、野菜を作る土壌そのものの、ビタミンやミネラルの含有量が減っているので、それをさらに減らす事になってしまっています。
タバコを1本吸うと、体内で約25mgのビタミンCが減ります。
これによってビタミンCの血中濃度が低下します。
タバコの煙に含まれる活性酸素やフリーラジカルを大量に吸い込むことによって、肺では酸化が起こりやすくなります。
さらに、この酸化を防止しようと、抗酸化ビタミンであるベータカロチン、ビタミンC、Eが働き大量に消費されることにもなります。
また喫煙者のそばで、タバコの煙を吸っている人も、喫煙者と同じようにビタミンを意識的に摂取することが必要です。
同じようなことが、お酒にも言えます。
お酒はビタミン摂取の役には立ちません。
むしろ、お酒を飲む事で、ほかの食品を食べなくなる為のビタミン不足があげられます。
また、お酒を飲むことで消費量が増えるビタミンがあるということです。
アルコールを肝臓でふん解する際に、ナイアシンとビタミンB1を大量に使います。
またアルコール分解で生じた物質は、パントテン酸の活性化を阻害します。
アルコールによって肝細胞で増加した過酸化脂質を分解するために、ビタミンB2が大量に利用されます。
そしてついにアルコール攻撃に肝臓が脂肪肝などのアルコール性の障害を起こすと、ビタミンDを活性化する働きが不十分となります。
お酒を飲むときにはビタミンをしっかり摂取できるおつまみをー緒にとること、そして休肝日を作って、肝臓を休ませてあげることも大切です。
消費されたら補うのが原則です。
補うだけでなく積極的にとることが健康へのポイントになります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果