様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミン・ミネラルの摂取比率

スポンサードリンク

ビタミン・ミネラルの摂取比率

ビタミン・ミネラルは、ー緒にとることによって効果を発揮する特徴を待ち、決してほかの物質で代用できない不思議な関係です。
しかしその摂取の比率が崩れると、体に悪影響を及ぼす関係もあります。
ビタミンやミネラルは偏らずに、適確にとらなくてはいけないのです。
比率を守るべきものはリンとカルシウム、マグネシウムとカルシウムです。
リン対カルシウムは3対10から7対10が望ましい範囲。
リンはカルシウムの吸収を妨げる性質があるためです。
リンは食品添加物や清涼飲料水に含まれていますから、過剰に摂取しがちです。
カルシウムの2倍以上の摂取にならないように注意してください。
マグネシウム対カルシウムは、マグネシウムが体外に排出されるときにカルシウムも一緒に排泄するため、体内で1対2〜1対3が理想です。
骨髄で作られる赤血球の生産を追ってみますと、赤血球や白血球の生産は、骨髄の幹細胞の分裂から始まります。
この分裂にはある酵素が必要で、その働きを助ける、補酵素が葉酸です。
この葉酸を活性化するために別の酵素が必要で、補酵素はビタミンB12になります。
また赤血球を成熟させるにはヘモグロビン生成に不可欠な鉄とビタミンB12が必要です。
鉄の吸収にはビタミンCが、ビタミンCの使用や鉄が体内を移動するには銅が欠かせません。
赤血球ひとつだけでも、このように複数のビタミンやミネラルが連続的に関係しているのです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果