様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミン・ミネラルの過剰症

スポンサードリンク

ビタミン・ミネラルの過剰症

ビタミンAは1日の必要摂取量の2.5倍の約5000IUにとどめるべきだといわれています。
過剰症は頭痛、嘔吐など。
ただし体内でビタミンAになるベータカロチンは1日約1万5000IU摂取しても、手のひらや足の裏が黄色くなる程度で毒性はまったくありません。
ビタミンDはカルシウム吸収に欠かせないビタミンです。
しかしとりすぎると血液中のカルシウム濃度が上がり、血管や肺、心筋、腎臓などにカルシウムがたまりやすくなります。
この作用は乳幼児に強く見られるので、乳幼児はとりすぎに注意し、1日1000IUを越えなければ安全です。
一方ミネラルの、過剰症はビタミンに比べると起こりやすいといえます。
とくに注意しなければいけないのがナトリウムです。
ナトリウムは食塩という形で口にするほか、パンや菓子、昧噌やしょう油などの加工食品に含まれ、私たちは意識せずに大量の塩を食べています。
塩分のとりすぎは高血圧のもとになり、高血圧はさまざまな病気を引き起こします。
ナトリウムの生理作用に必要な最低量500mgを食塩に換算すると約1.5g、目標摂取量は10g程度に抑えたいものです。
これはしよう油なら約小さじ4杯です。
カリウムはナトリウムの排泄作用がありますから、高血圧防止にカリウムの摂取も心掛けてください。
ビタミンには水溶性と脂溶性があります。
水溶性は体内の水分に溶け、尿として対外に排出されます。
脂溶性は、排出されることはなく、体内に蓄積されていきます。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果