様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ビタミン・ミネラルの摂取量

スポンサードリンク

ビタミン・ミネラルの摂取量

1日に必要なビタミン・ミネラルの摂取量はあるのでしょうか。
国民がその健康を維持増進するために、厚生省が定めた栄養所要量です。
男女別、年齢別はもちろん生活活動強度(日常生活の活動内容で4段階に分類)にもあわせて設定されています。
また妊娠期や授乳期に関しても、通常の数字にプラスする形で、数字が示されています。
生活活動強度が変わっても、ミネラル、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの栄養所要量は、とくに影響を受けません。
世界各国の栄養所要量を見ると、かなりのばらつきがあります。
今まで栄養所要量を定められていたのは、総エネルギー・タンパク質・脂肪エネルギー比率・カルシウム・鉄・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンC・ビタミンDだけでした。
しかし、1999年の改正ですべてのビタミン・ミネラルについて摂取量の目安が定められました。
その重要性が認められるようになったのです。
栄養所要量には、ほとんどの人が一日の必要量を満たすのに十分な摂取量である「推奨栄養所要量(RDA)」、観察や実験的に推定したデータに基づいて栄養状態を維持するために十分な量である「適性摂取量(AI)」、など4種類があります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果