様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ビタミン・ミネラル > ミネラルとビタミン

スポンサードリンク

ミネラルとビタミン

ミネラルは英語で「鉱物」、日本語では無機質ともいわれます。
骨作りに欠かせないカルシウムや貧血のときに登場する鉄などがミネラルです。
ミネラルは鉱物として存在する単一の成分ですから、すべて元素記号で表されます。
ミネラルの中でも亜鉛や銅などは様々な中毒症状や取扱注意の薬品などの成分にあるもの。
そんなの体に入って、大丈夫?
と思いそうなのが、ミネラルです。
これらの物質は、私達は体内に少量持っていて、体を円滑に維持するために使っているのです。
ビタミンは、ラテン語の生命=VITAから作りだされた言葉ともいわれています。
ミネラルとは違い有機化合物です。
三人栄養素やミネラルの存在を人類は19世紀までにつきとめました。
しかしこれらの栄養素が十分であっても、生物は発育できません。
生物の発育にかかわる別の因子、それがビタミンなのです。
ビタミンの種類は、13種類あります。
そのビタミンは、水溶性と脂溶性のふたつに分けられ、水溶性ビタミンとは、文字どおり水に溶ける性質を持つものです。
ビタミンB群とCがこれにあたり、必要な分以外は体外に排出されるので、多くとりすぎても心配はいりません。
一方、脂溶性ビタミンとは、脂に溶ける性質を持ち、水には溶けないので、体内に蓄積されたままになり、多くとりすぎると体に不都合な症状(過剰症)を引き起こすことがあります。ビタミンA、D、E、Kの4つがこれにあたります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
栄養素
ミネラルとビタミン
ビタミン・ミネラルの摂取量
ビタミン不足
ビタミン・ミネラルの過剰症
ビタミン・ミネラルの摂取比率
ビタミンの消費
ビタミンAの効果
ベータカロチンの効果
酵素の効果
ビタミンB1の効果
ビタミンB2の効果
ビタミンB6の効果
ビタミンB12の効果
パントテン酸の効果
ナイアシンの効果
ビオチンの効果
葉酸の効果
ビタミンCの効果1
ビタミンCの効果2
ビタミンCの効果3
ビタミンCの効果4
ビタミンCの効果5
ビタミンDの効果
ビタミンEの効果1
ビタミンEの効果2
ビタミンKの効果
ミネラル
カルシウムの効果
マグネシウムの効果
カリウムとナトリウム
リンの効果
鉄の効果
亜鉛の効果
ビタミン様作用物質
ビタミン剤の効果