様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 生活トラブル > 借用書に記載すべき必要事項

スポンサードリンク

借用書に記載すべき必要事項

借用書を書く場合、あるいは書いてもらう場合に、忘れてならない事項があります。なお、借用書の標題は、借り主だけが署名捺印して、貸し主に差し入れる場合は「借用書」、借り主、貸し主がともに署名捺印するばあいは、「金銭消費貸借契約書」とします。
@金額 偕りた金額、貸した金額の元金です。
A利息。
利息を取る場合は、年率を明記します。
B返済日。
借りる側が返済日の記載を忘れると、貸し主に都合のいい返済日を設定されてしまいます。
C返済方法
「分割して、毎月貸し主 の自宅へ持参する」など、方法と返済場所を記載します。
D遅延損害金について。
返済日に返済できなかったときには、その日から完全に返済する日親しくても、必ず借用書を取りかわすこと
までの損害金を年率または日歩○○銭とするなどの取り決めをします。
E不払いの場合。
元金を分割して返済するとか、利息を定期的に支払う約束をする場合、分割金または利息の支払いを怠ったときのための取り決めを明記します。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
クーリング・オフ制度の基礎知識
悪徳訪問販売の被害者にならないための5原則
自己破産申立てとその手続き
SF商法(催眠商法)
倒産した会社の整理
待ち伏せ・尾行をされないための対策
ストーカー対策
110番をかけるときの心得
いたずら電話対策
住居侵入を防ぐ対策
刑事事件の被害に遭ったら
借用書に記載すべき必要事項