様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 生活トラブル > 刑事事件の被害に遭ったら

スポンサードリンク

刑事事件の被害に遭ったら

@警察に被害を届け出ると、担当の捜査員が、犯行状況や犯人の様子などについて詳しく事情聴取をします。
A被害者は、警察官から事隋を聴取されるほか、犯人を起訴するか、不起訴にするかの判断を決定するために、検察官からも事情聴取される場合もあります。
B事情聴取後、警察は、被害者に証結晶の提出を求めるケースがあります。たとえば、被害当時の服装、所持晶などです。場合によっては、物的証拠晶として、公判においても有力証拠となる物品です。なお、証拠品として提出した物は、捜査上、裁判上、保管の必要がなくなった時点で被害者に返還されます。もし、返してもらう必要がないときは、所有権放棄の手続きをしておけば、厳重注意のもとに処分してくれます。
C現場検証(実況検分)へ立ち会うこともあります。現場検証というのは、警察官が犯罪の現場などについて、状況を確認するために行うものです。
D後日、公判が始まったときは、被害者は、裁判所で証言をする場合もあります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
クーリング・オフ制度の基礎知識
悪徳訪問販売の被害者にならないための5原則
自己破産申立てとその手続き
SF商法(催眠商法)
倒産した会社の整理
待ち伏せ・尾行をされないための対策
ストーカー対策
110番をかけるときの心得
いたずら電話対策
住居侵入を防ぐ対策
刑事事件の被害に遭ったら
借用書に記載すべき必要事項