様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 生活トラブル > 110番をかけるときの心得

スポンサードリンク

110番をかけるときの心得

110番に電話するのは、次のような目に遭ったときです。
@押し売りがきて困っている。
A殴られたり、怪我をさせられたりした。
Bどろぼうなどの被害に遭った。
C非行助長集団(暴走族)が集まったり、走り回ったりしている。
D不審な人を見た。
E交通事故に遭った。
F人が通れ去られるのを見た。
G爆発音、拳銃発射音、そのほか不審な物音を聞いた。
H人の悲鳴を聞いた。
I迷子や家出入を見たり、保護したりした。
J不審な車が駐車している。
110番をダイヤルすると、電話は、通信指令センターにつながり、係員が応答します。
「何があったか」「いつ、どこで起こったか」など、必要と思われることを質問してきますので、冷静に、的確に対処しましょう。
必ずしも、パトカーがサイレンを鳴らしてやってくるとは限らず、最寄の交番から、警察官が自転車に乗ってやってくる事もあります。
また、夜中などで、近所への騒音の配慮をする場合は、「サイレンを鳴らさないで来てほしい」とたのめば、そのようにして配慮してくれます。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
クーリング・オフ制度の基礎知識
悪徳訪問販売の被害者にならないための5原則
自己破産申立てとその手続き
SF商法(催眠商法)
倒産した会社の整理
待ち伏せ・尾行をされないための対策
ストーカー対策
110番をかけるときの心得
いたずら電話対策
住居侵入を防ぐ対策
刑事事件の被害に遭ったら
借用書に記載すべき必要事項