様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 生活トラブル > 悪徳訪問販売の被害者にならないための5原則

スポンサードリンク

悪徳訪問販売の被害者にならないための5原則

@まず、インターホンで相手を確かめる。
少しでも不審に恩ったら、「いま、ちょっと手がふさがっていますので失礼します」と丁重に断るほうがいいでしょう。
あまり高飛車に断ると、相手によっては逆恨みを買います。
Aプレートを張る。
玄関先に「勧誘・セールス一切お断り」のプレートを張っておくと、訪問販売は半減します。
B絶対に家の中に入れない。
悪徳業者は、玄関の中に入り込むすきをうかがっています。
家の中に入れたら最後、何時間でも居座り、契約をするまで帰ってくれません。
なお、部屋に上げてしまったセールスマンがどうしても帰ってくれないときは、相手にわからないように、110番に連絡することです。
Cその場で契約をしない。
十分に納得ができないまま、しつこく勧められ、つい契約をしてしまう入が少なくありません。
「家族と相談をしてからにします」と伝え、その場では決して署名をしたり、印鑑を押したりしないようにします。
D支払いは後払いにする。
その場で全額を払ってしまうと、解約手続きの際に不利になります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
クーリング・オフ制度の基礎知識
悪徳訪問販売の被害者にならないための5原則
自己破産申立てとその手続き
SF商法(催眠商法)
倒産した会社の整理
待ち伏せ・尾行をされないための対策
ストーカー対策
110番をかけるときの心得
いたずら電話対策
住居侵入を防ぐ対策
刑事事件の被害に遭ったら
借用書に記載すべき必要事項