様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 生活トラブル > クーリング・オフ制度の基礎知識

スポンサードリンク

クーリング・オフ制度の基礎知識

クーリング・オフとは、セールスマンの巧みな勧誘に乗せられた消費者が、頭をよく冷やして(=クール・オフ)考え直すという目的で設けられた、消費者救済制度です。
@無条件で解約できるただし、販売業者の営業所などの店頭で契約した場合は、基本的にはこの制度の適用を受けられません。
A解約は8日以内にしなければならない8日間の起算日は、販売業者から発行される、所定の書面(契約書)を受け取った日となる。
、クーリング・オフ期間はこの日を含めて8日間です。
マルチ商法のクーリング・オフ期間は、書面を受け取った日を含めて20日間です。
ただし、海外先物取引のクーリング・オフ期間は、契約を締結した日の翌日から14日間となっています。
なお、申し込みの撤 回などの意思表示は、上記期間内に発信すれば効力が生じます。
B権利の行使は内容証明郵便でクーリング・オフの権利を行使する場合、消費者は、その旨を販売業者に通知します。
契約解除などの意思表示です。
その方法は、電話か書面によります。
ただ、電話による意思表示は、証拠が残らず、業者とトラブルになることがあるので、意思表示法としては、内容証明郵便がより安全で確実です。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
クーリング・オフ制度の基礎知識
悪徳訪問販売の被害者にならないための5原則
自己破産申立てとその手続き
SF商法(催眠商法)
倒産した会社の整理
待ち伏せ・尾行をされないための対策
ストーカー対策
110番をかけるときの心得
いたずら電話対策
住居侵入を防ぐ対策
刑事事件の被害に遭ったら
借用書に記載すべき必要事項