様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 株取引 > 金利と株価の関係

スポンサードリンク

金利と株価の関係

金利と株価の関係は、金利が上昇すると株価は下落し、金利が下がると株価は上昇します。株価は、いろいろな材料によって変動します。例えば、企業の業績も重要ですし、為替相場も市場に大きな影響を与えます。そのなかでも、金利の動向が株価に与えてきた影響は見逃せないものがあります。

金利と株価の関係の基本形は、金利が上昇すると株価が下落する、逆に金利が下落すると株価が上昇するというものです。たとえば手元に余裕のお金があったとすれば、普通預金にしようか、それとも定期預金にしようか、などと考えます。

このとき判断の基準になるのは、できるだけ利息のつく、つまり金利の高い商品ということになるでしょう。金利が高ければリスクをおかしてまで株に手を出す必要はないと考えるのが普通で、逆に金利が低ければ、より高い利率の金融商品、つまり株に目が向くのです。

バブル経済の時は、不動産が上昇し、株式市場も活況がありましたが、現在では不動産相場の下落と低金利時代という状況の中、株式投資よりもマイホーム購入など現実に目を向けているのが実情のようです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
株式売買
株主の権利
株主の権利と義務・責任
有価証券の種類
投資家について
先物取引とは?
投資信託とは?
オプション取引とは?
転換社債(CB)とは?
ワラント債とは?
金利と株価の関係
店頭株とは?
上場するメリット・デメリット
従業員持ち株制度とは?
インサイダー取引とは?
利回り
株主になると得することは?
エコファンドとは?
マザーズ、ナスダック・ジャパン、ジャスダック