様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 住宅リフォーム > 住宅リフォームの見積もり

スポンサードリンク

住宅リフォームの見積もり

リフォームの依頼主の要望が百人百様なのは当選です。同じ機能のキッチンを注文しても、対応するリフォーム業者によって取り扱う建材や設備あるいは設置、施工の技能が全く異なることになるため、商品の価格が「あってない」ような状態で見積りが各業者ごとに出されてくるわけです。リフォーム業者は損をするほどの見積書は作成するはずがありません。あなたは「いかに安く、満足のいくリフォームエ事を行う」ために努力しなければなりません。依頼した工事の見積書が訳の分からない金額で、業者を決定するわけにはいかないのです。
相見積りとは、先の話のように二、三社に見積りを依頼して、競争入札のような形で業者を比較して決めようというものです。いわゆる相見積りで、取り寄せた現物の見積書を見ると、同じリフォームエ事にもかかわらず、三社三様で、項目も比較しにくい。各社の見積りは各社各様で、簡単に比較できるようになっていないからです。しかも、各社の見積書それぞれが細かな数字がびっしりと入っています。
相見積りの数が増えると、情報の量が多すぎて、素人では価格と質との関係をバランスよく比較できるものではありません。また、個々のリフォーム会社によって特別なおすすめ設備建材というものもあります。得意分野やメーカーとのパイプですね。

風呂のリフォームでも、使用している設備は当然違うので比較は難しいものの、九十万円、百万円から二百万円の差額とさまざまな見積書が見られます。
どの会社の見積書が正しいか、判らなくなってしまうのです。
リフォームする側はどのような自衛策をとれば良いか。
リフォームでは信頼関係で仕事が進められ、というのも、手抜きをしないかと、職人を監視するような形では仕事にならないし、疲れてしまいますね。
投資費用に対して、それにみあったリフォームの仕上がりを期待したいのであれば、2〜3社にあたりをつけてみます。それでリフォーム専門店型と工務店型といったように店を選定し、設備や資材・建材の質をできるだけ同じにして比較するわけです。実際に取り掛かっているリフォームの現場を拝見させてもらったり、リフォーム会社の技能レベルを比べられると良いでしょう。
比較するのに自信がない場合には、早めに一社に決め、詳細に検討して値引きしてもらうところは値引さしてもらうことが、有利な場合もあります。これはといった業者に行き当たったら、自分の予算を提示しそれで思いどおりにやっていただけるか相談するのも良いでしょう。アナタの本音をリフォームの目的を告げ、駆け引きなしに信頼関係を築くことが良いケースもあります。

リフォームをするのに、信頼関係ができればアフターサービスを丁寧にしくれるというメリットも生まれるからです。リフォームについて最低の知識を仕入れて、自分から設備機器や資材について調べ、見積りでだまされないように知識を見に付けておきましょう。
あなた自身も、頼んでまかせっきりにしないで、ココはこうだからこのように構造上で切ると思うので出来ませんか?とか、給排水の本館がココを通っているので、こっち向きのほうが良いでしょうか?とかお話すれば、手抜きも出来ないし、キチンとした対応をしてくれると思います。また、下請け、元請に限らず、現場で働いているのは人間です。3時にお茶を出してあげたり、甘いものをお出ししたり、チョッとした心遣いをしてあげると、まあいいや的な曖昧なことがなくらるのも事実です。金払っているんだからと、上から出るよりもお友達になるようなイメージで接してあげると職人さんも悪い気はしません。また、仕事のしやすい環境を作ってあげることで職人さんは、仕事がスムーズに行えます。あらかじめ周りのものをどかしてあげておくことも大切です。人と人とのコミュニケーションなので、お互いが気持ちがよく接することが出来るように心がけましょう。
ただ、職人さんを天狗にさせてしまってもいけません。そのことに注意すればきっと上手くいくはずです。

リフォームの見積もりは一社だけでなくもう数社からもとって比較検討してみましょう。リフォーム工事の見積書を提示されて、本当にこの価格で契約してよいかどうか迷うケースがあります。見積書を提出させる工務店やリフォーム会社を一社に較るのではなく、その場合は、別のリフォーム会社からも見積りをとります。
一社だけでは価格が妥当かどうかの判断がつきにくいので相見積りをするのです。極端な場合、ユーザーが他社と接触していないと分かれば、価格を高く設定する会社もないとはいえません。相見積りを取る場合は多くても、2〜3社が妥当でしょう。あまり欲張ってたくさんに声をかけると、眼を通すだけでも大変な作業です。この部分はこっちが安いがココの部分はこっちだなとか、迷いも生じてくるものです。相見積りをする場合は、同じ図面で依頼するのが原則です。また、遊びではなく、真剣に選びましょう。彼らも仕事につながるかもしれないので真剣です。からかい半分なら失礼にあたります。見積書の書式は、数量と単価は空欄にし、各社に工事を行う数量と単価および金額を記入させれば、素人でも一目瞭然に見積書の比較ができます。合計金額の高い、安いという判断はできても、合計金額で値引きさせたとしてもリフォームの出来栄えが、第一なのです。

設備機器や材料費は事前に調査しておくと失敗や損はしませんね。
リフォームに聞する情報は、店の善し悪しの情報をも含めて、皆無に等しい。実際にやった人の声を聞ければ一番いいのですが、探すのが大変です。
リフォーム工事には材料費と人件費がつきものですが、建築の価格情報を人手することは困難だと思われていますが、実際には、それほど難しいことではないのです。
単価の高いリフォームで何十万円も損することもあります。
リフォームの材料費、特に設備機器についての定価と販売価格の情報を入手するだけでも、勉強になるし大損しないための予防線です。数字を知っているかどうかは、業者との折衝で心理的ばかりでなく、具体的に有利に働くのです。
定価はすべて建前の値段であり、これらの価格をもとに値引きの交渉が出来るようになります。リフォームの事前に、工事店の近隣対策が分かれば、気配りのできる工事店を選ぶことができます。そのためには、リフォームを予定していれば、買い物や通勤途中にリフォーム工事を行っている現場があれば、第三者の立場で職人の仕事ぶりや態度をよく観察しておくと良いでしょう。くわえタバコでやっていたり、携帯片手で適当にやっていたり、覇気がないのが一番いけませんね。また、新築工事などに多いのですが、廃材を地中に埋めてしまいゴミ代を減らします。そおいった業者はしょっちゅう名前を変えたりしているので要注意です。

リフォームの見積書の最後の欄に現場経費一式何十万円とか、諸経費何十万円という金額が計上されている場合があります。最後の欄に隠れているものは何の契約書でもそうですが、大変重要な場合がありますね。この現場経費や諸経費とはどんな工事なのか?
この現場経費や諸経費とは、会社の粗利益のこと一般には説明できます。もちろんリフォーム工事ばかりでなく、新築戸建て住宅やビルエ事などにもこれらの項目は記入されています。損をしない仕組みになっています。
現場経費とは、契約した工事内容をスムーズに進行させるために使う費用のことをいいます。現場監督の月々の給料や、現場管理に使用している車両費・通信費・事務消耗品などです。諸経費は、会社の役員や現場監督以外の社員の給料、営業活動に欠かせない広告費やパンフレット料で、一般管理費とも呼ばれているものです。
現場経費は、工事金額の5%からぐらいが常識です。諸経費は工事金額プラス現場経費の10%くらいが一般的です。コレもあそこがこのくらいなのでうちもコレくらいで的なところがあるのも事実です。この比率の決まりは特にありません。
現場経費や諸経費はその企業の粗利益であり、その粗利益から固定費を差引き、残った金額が会社の利益ということになります。

あまり高額な現場経費や諸経費がリフォームの見積書に提示されている場合は、交渉をし、値引いてもらったり話し合いにより解決しましょう。こういった情報も今まではわかりませんでしたが、インターネットを通じて誰しも知りえる情報となってきました。なにもルールを知らない新規参入店は、価格破壊を起こします。利益率は少なくても、売り上げが倍になればよく、それによりあそこのリフォーム屋は安くて丁寧で仕上がりもいいという定評を得ることが出来れば、営業活動をしなくても、お客様のほうから出向いてくれるのです。忙しいあまり自分が監督できない現場は嫌で、お断りや知り合いに頼む業者も要るほどです。
特にリフォームエ事の場合は工事期間が短期間なので、監督は工事中、毎日、その現場に朝から晩まで付きっきりということはありません。
リフォームの工事現場でろくな現場管理などは出来ないのが当然で、高額でないにしてもまとまった現場経費の請求は不当だといえるでしょう。もっといえば、会社の経費として計上すべきで、本来排除すべき項目です。ネームバリューは恐ろしく、悪い噂よりも来店するお客様のほうが多いのが事実です。また、最近の傾向では、お客さんが自分で調べて何日もかけていい業者を探しています。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
リフォーム店探し
安いというだけで選ばない
訪問販売リフォームビジネスとは?
マンションのリフォーム
リフォームエ事店の良い店・悪い店選び
工務店のリフォーム
電気店のリフォーム
リフォーム専門店のリフォーム
その他のリフォーム業者
ブローカー
不動産会社
悪徳リフォーム会社
リフォーム業者選び
リフォームの目的
アフターサービス・メンテナンス
丸投げに注意
アパート・賃貸マンションのリフォーム
現状復帰リフォーム
身体が不自由な場合
元請け・下請け・孫請け
住宅リフォームの見積もり
住宅リフォームの見積書
リフォームの見積書の「一式」
リフォームの見積書の「別途工事」
住宅リフォームの価格
マンションの解体
よく質問する
フローリングのリフォーム
2部屋を1部屋にするリフォーム
インテリア・コーディネーター
設計料
ガス会社の営業
カタログ・見本帳と実物が違ったら?
商品の品番違いや寸法違い
予期しない費用
追加工事・変更工事
リフォーム会社の利益
オリジナル商品
現場監督
現場監督の費用
職人の休憩時間
ライフスタイルの変化に伴う住宅リフォーム
失敗しないために
ショールーム
工事現場の視察
住宅リフォームの工程表
シックハウス症候群
職人さんとの付き合い方
職人さんについて
既存の柱を残し綺麗にする場合
フロアー材
大理石