様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 住宅リフォーム > マンションのリフォーム

スポンサードリンク

マンションのリフォーム

マンションのリフォームは管理規約を確認を必ず擦るようにしましょう。
一戸建て住宅のリフォームと達って、マンションのリフォームでは組合により特に禁止されている事項もあり、値段も大いに達いますので、同じリフォームでも注意する必要があります。何世帯もの人達が共同で所有している、共同住宅や、集合住宅ともよばれるマンションは、自分以外の住人も普通に生活している建物のために、リフォームをするには一戸建ての住宅と違って制約条件が多くなります。
ほとんどのマンションでは管理組合があり、規約や規則でリフォームについて制限しています。リフォームできるところは原則的に室内部分で、管理組合の規定にもありますが、俗言う「専有部分」に限られてしまいます。

管理組合があるマンションのリフォームで、一般的に禁止されているものは、コンクリートの柱、壁、梁などや、玄関ドア、バルコニー、窓のサッシなどのリフォームです。エアコンを取り付けるために外壁に穴を開けて問題になり、裁判で負けて元の状態に戻させられたという実例もあります。ベランダなどにテラスルームを作ることも、原則的には違反となっています。
隣室や階下、階上の部屋を購入し、壁や床を取り払うことなども当然ながら禁止されています。マンションのドアーの表部分も勝手に色を塗り替えてもいけません。
リフォームの前に、管理規約などで禁止されているところを再度確認してプランを立てましょう。マンションリフォームの場合は、一戸建て住宅と違って工事の際に音が問題となるケースでのトラブルが多い。リフォームには解体がつきものですが、マンションの解体については、構造体に関しては一切解体をしてはいけないことになっています。
マンションの廊下面に面している壁や隣室との壁、天井と床のコンクリートなどに当たります。建物全体の強度に係る共有部分のことです。マンションでの解体とはどのような場所か?まず、部屋の中の床、壁、天井は解体できます。

マンションをリフォームする際は、床、壁、天井は基本的に解体できます。部屋の中の構造壁となっている壁については解体できません。
マンションで多く発生する解体に仕上げ材の撤去があります。撤去時は、既存の下地を残す場合は仕上げ材のハガシをていねいにしなければなりません。制約条件をクリアして施工するには、解体の段階から気を使わなければならないのです。管理組合に申し出て、掲示板に「お知らせ」として、何号室でいつに何の工事を行うか、どこの業者が出入りするか、工定評を知らせる場合もあります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
リフォーム店探し
安いというだけで選ばない
訪問販売リフォームビジネスとは?
マンションのリフォーム
リフォームエ事店の良い店・悪い店選び
工務店のリフォーム
電気店のリフォーム
リフォーム専門店のリフォーム
その他のリフォーム業者
ブローカー
不動産会社
悪徳リフォーム会社
リフォーム業者選び
リフォームの目的
アフターサービス・メンテナンス
丸投げに注意
アパート・賃貸マンションのリフォーム
現状復帰リフォーム
身体が不自由な場合
元請け・下請け・孫請け
住宅リフォームの見積もり
住宅リフォームの見積書
リフォームの見積書の「一式」
リフォームの見積書の「別途工事」
住宅リフォームの価格
マンションの解体
よく質問する
フローリングのリフォーム
2部屋を1部屋にするリフォーム
インテリア・コーディネーター
設計料
ガス会社の営業
カタログ・見本帳と実物が違ったら?
商品の品番違いや寸法違い
予期しない費用
追加工事・変更工事
リフォーム会社の利益
オリジナル商品
現場監督
現場監督の費用
職人の休憩時間
ライフスタイルの変化に伴う住宅リフォーム
失敗しないために
ショールーム
工事現場の視察
住宅リフォームの工程表
シックハウス症候群
職人さんとの付き合い方
職人さんについて
既存の柱を残し綺麗にする場合
フロアー材
大理石