様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > ペット > M.ダックスと椎間板ヘルニア

スポンサードリンク

M.ダックスと椎間板ヘルニア

ダックスは比較的丈夫な犬種ですが、やはりかかりやすい病気がありもっとも有名なのは椎間板ヘルニアです。背骨に障害がでる病気で、痛みやしびれがあり、重度のものになると体の一部が麻痺します。

ダックスの場合、軽度のものも含めると4頭に1頭がかかるともいわれています。3歳から6歳までの発症例が多いのですが、老犬になってから発症するケースもあります。

発症すると背骨や首に痛みがでます。食べたり飲んだり首を曲げる動作をしなくなり、抱いたり触ったりすることも嫌がります。また段差を嫌がったり走らなくなったり、全体的に動きが鈍くなります。症状が進むと腰がふらついたり、よろよろとして座り込みます。

少しでも症状が見られたらすぐ病院にいきましょう。早期の適切な処置で回復できる可能性は高まります。外科手術が一般的です。

予防法は日常生活見直して発症する確率を下げることです。階段やソファなどの段差のある上り下りを避けること、肥満にさせないこと、2本足で立たせたり、飛びつきはなるべくさせないことなどがあげられます。なるべく気をつけていきましょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
人気犬種とミニチュアダックス
ミニチュアダックスの大きさ
ミニチュアダックスの種類
ミニチュアダックスの毛色
ミニチュアダックスの性格
ミニチュアダックスの習性と本能1
ミニチュアダックスの習性と本能2
ミニチュアダックスのお世話
ミニチュアダックスにかかる費用
ミニチュアダックスの入手方法
ペットショップから入手
ブリーダーから入手
ミニチュアダックスの選び方
健康な子犬を見分けるポイント
子犬がくるまでに準備すること
ミニチュアダックス多頭飼い
犬のごはん
ミニチュアダックスに必要な栄養素
与えてはいけない食べ物
健康のために避けたい食べ物・注意が必要な食べ物
ミニチュアダックスの成長カレンダー
M.ダックスと椎間板ヘルニア
その他のかかりやすい病気
ミニチュアダックスの肥満に注意!
子犬を迎える初日
コミュニケーションのとり方
スキンシップと抱っこ
子犬のしつけ
ほめ方とごほうびのあげ方
トイレのしつけ
留守番のしつけ
食事のしつけ
はじめての体験〜室内編
ミニチュアダックスのお散歩準備
ミニチュアダックスのお散歩デビュー
ミニチュアダックスのグッズ
楽しく暮らすためのトレーニング
ミニチュアダックスの基本トレーニング
室内犬のしつけ
室内犬のしつけ - リーダーウォーク
室内犬のしつけ - ホールドスティルとタッチング
室内犬のしつけ - オペラントトレーニング
室内犬のしつけ - トイレのしつけ
室内犬のしつけ - 食事のしつけ
室内犬のしつけ - 散歩のしつけ
室内犬のしつけ - ハウス
室内犬のしつけ - 遊び
室内犬のしつけ - お手伝い
室内犬のしつけ - 問題行動の対処
室内犬のしつけ - 訓練所1
室内犬のしつけ - 訓練所2
アニマル・セラピー
畜犬登録と狂犬病予防接種
伝染病予防接種と健康診断
食事の与え方
ドッグフード
グルーミング
シャンプーするときの注意点