様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 香水 > 香水ルール・ブルー

スポンサードリンク

香水ルール・ブルー

1912年JacquesGuerlain/ジャック・ゲランのL'heurs bleu(ルール・ブルー)・ 青い時間という銘香です。
香水の老舗ゲランはパリのシャンゼリゼ通りにあります。そのゲラン3代目調香師であったたジャック・ゲランは、印象派絵画の有名なコレクターでもありました。この香りはそれらの絵画へのオマージュといわれています。
1911年の夏のある日、セーヌ河をわたる橋の上にたたずんだ仕事帰りのジャックは、「太陽は沈んだのに、そしてとまった時間・・・・・、静まり返た時、夜はまだ来ないし。空の星も未だきらめき始めない。・・・・」
美しいセーヌ河畔の印象派の絵画のような景色を眺めながら、彼の頭の中に突然全く新しい香り、ルール・ブルーのインスピレーションが湧いたのだそうです。
フランス人少女アンケートで、常に「一度使ってみたい憧れの香水」の上位に入るルール・ブルー。まるで青いセーヌのように、上品でやさしい香りです。
ゲランが好んでよく使う、ヘリオトロープの花やトンカ豆の乳白色を思わせる抱きかかえ、包みこむような柔らかい香りが特徴です。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
香水についての基礎知識
香水のつけ方
香水の種類
香水の選び方と保存の仕方
香水のネーミング
香水の重ね使いとTPO
香水の効果と意外な使い方
香水とウェア
香水とフェロモンその1
香水とフェロモンその2
香水の流行
香水と嗅覚
香水のマリンタイプ
香水デオリッシモ
香水レーデュタン
香水フェミニテ・デュ・ボワ
香水オンブル・ローズ
香水ジャン・パトゥ
香水ルール・ブルー
香水でお姫様になれる方法
初めての香水