様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 香水 > 香水ジャン・パトゥ

スポンサードリンク

香水ジャン・パトゥ

グラース産のジャスミン、ブルガリアのばら、中国のオスマンタス(金木犀)、インドの白檀、と世界のめずらし貴重な珍香を1000種類も使って作られたそうです数が確かに1000かどうかはっきりしませんが、ベルベットのよう滑らかさとエレガントで官能的なこの香りは、世界一高価な香水として有名です。ちなみに、値段は7mlで35000円。
セールスマンはロールスロイスに乗っていたと言われる程、贅をつくした逸品です。
これが発売された1970年代はウーマンリヴの時代で女性の社会的地位向上が大きな目標でした。そんな時代にファッションも香りも辛口のものが好まれていたことはなにか不思議なところです。
1966年には、ユニセックスの香りの始まりの“EAU SAUVAGE(オー・ソバージュ)”がクリスチャン・ディオールから発売されていますが、その後70年代に入って、ますますそのユニセックス傾向が強くなり。そして、そのあとファッションは再び女らしさ向かう様になり始めました。
“ミル”はまさにそのときを待ってに出現した新しい香りでした。
最初の香水“ジョイ”創作から42年を経て完成したジャン・パトゥーの第2番目の名作です。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
香水についての基礎知識
香水のつけ方
香水の種類
香水の選び方と保存の仕方
香水のネーミング
香水の重ね使いとTPO
香水の効果と意外な使い方
香水とウェア
香水とフェロモンその1
香水とフェロモンその2
香水の流行
香水と嗅覚
香水のマリンタイプ
香水デオリッシモ
香水レーデュタン
香水フェミニテ・デュ・ボワ
香水オンブル・ローズ
香水ジャン・パトゥ
香水ルール・ブルー
香水でお姫様になれる方法
初めての香水