様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 香水 > 香水フェミニテ・デュ・ボワ

スポンサードリンク

香水フェミニテ・デュ・ボワ

FEMINITE DU BOIS/フェミニテ・デュ・ボワは1992年資生堂のフローラル・ウッディータイプの香水です。
森の女らしさというネーミングの通り、ウッディー調のやさしい香りです。
SergeLutens(セルジュ・リュタンス)によってデザインされたフランス発の香りで、調香師はイギリス人、CristopherSheldrake(クリストファー・シェルドラック)、クエストという香水製造所で作られています。
トップノートは杉が香り、次にシナモン、カルダモンなどのスパイシーな香りが、続いてはオレンジフラワー、ばら、すみれの香り、最後の香りには、はちみつ、ムスク、バニラと続きます。香りが静かに移ろいでいく様子には、シンプルでしなやか、エレガントと洗練された美を感じさせられます。
フランスでも資生堂といえば、日本の高級な化粧品ブランドとして有名です。ルーブル美術館近くのパレ・ロワイヤル公園の中にあるサロン・ドゥ・パレ・ロワイヤル・シセイドーには、他にもLutensによって手がけられた数々のオー・ド・パルファンが美しい店内見事に並べられています。
その中でも、この“FEMINITE DU BOIS”は、クリエイティブで日本らしさを感じるな香りです。ウッデでィー調の新しい香りのジャンルを築き、後に創作されるものにも影響を与えるようにさえなりました。
“FEMINITE DU BOIS”発売から3年後、クリスチャン・ディオールから“DolceVita(ドルチェ・ヴィータ)”が発売されましたが。これはヨーロッパで人気のあるスパイシーでフルーティーな香りの香水なのですが、これが“FEMINITE DU BOIS”をヒントにして作られたことは、香りの特徴から誰にでもすぐにわかります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
香水についての基礎知識
香水のつけ方
香水の種類
香水の選び方と保存の仕方
香水のネーミング
香水の重ね使いとTPO
香水の効果と意外な使い方
香水とウェア
香水とフェロモンその1
香水とフェロモンその2
香水の流行
香水と嗅覚
香水のマリンタイプ
香水デオリッシモ
香水レーデュタン
香水フェミニテ・デュ・ボワ
香水オンブル・ローズ
香水ジャン・パトゥ
香水ルール・ブルー
香水でお姫様になれる方法
初めての香水