様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 香水 > 香水とフェロモンその2

スポンサードリンク

香水とフェロモンその2

フェロモンは「同じ種類の生物間でしか作用しない物質」ですので、ヒトに効果があるのはヒトのフェロモンだけ。
異性を強烈に惹きつけるとうたわれたフェロモン入り香水は、ムスク・アンバー・シベットなど今までにもたくさんありまた効きそうな匂いですが、これらはジョコウジカなどの動物からとったフェロモンであり、その後の研究で「ジャコウジカ」には効いても人には何等かの性的影響は全く与えないことが判明しています。
本当に効き目のあるヒトフェロモンだけを配合したフェロモン香水は
■どうしても恋人ができなくて悩んでいる方
■最近、恋人と別れて寂しく新しい恋人を捜している方
■真剣に結婚したいと考えている方
■異性と気軽にお話ができない方
■異性のお友達をたくさん作りたい方
■現在セックスレスでお悩みの方
このような方に効果がある筈ですので、是非フェロモン香水をお試し下さい。
使い方は簡単。
お手元に香水がない場合、水と混ぜ合わせ香水を入れる容器(アトマイザー)に入れれば、即席香水のできあがりです。
しかしヒトフェロモンは、アルコールに対してはよく溶けますが、水に対しては溶けにくいため、香水と混ぜてご使用頂く方が、より効果が期待できます。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
香水についての基礎知識
香水のつけ方
香水の種類
香水の選び方と保存の仕方
香水のネーミング
香水の重ね使いとTPO
香水の効果と意外な使い方
香水とウェア
香水とフェロモンその1
香水とフェロモンその2
香水の流行
香水と嗅覚
香水のマリンタイプ
香水デオリッシモ
香水レーデュタン
香水フェミニテ・デュ・ボワ
香水オンブル・ローズ
香水ジャン・パトゥ
香水ルール・ブルー
香水でお姫様になれる方法
初めての香水