様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 香水 > 香水の重ね使いとTPO

スポンサードリンク

香水の重ね使いとTPO

昔は、別の香水を重ねて使うことはタブーとされていましたが、最近香り自体が軽いものが多くなり、重ねてつけることも可能になって参りました。
カップリング フレグランスと言われている「アイスバーグ フロイド」とは、2つの香りを重ねることによって、新しい別の香りが生まれるというものなのですが、どちらもウッディ系の香りがベースになっています。
このように、重ねづけをするならあくまでも、香りのベースが同系統のものを選びます。
それ以外にも、例えば「柑橘系のコロンに、グリーン系の香り」、「フローラルのコロンに、アルデヒド系の香り」なども合うかも知れません。
お化粧直しの感覚で、香りのつけ足しをするのであれば、最初の香りが消えかけた頃に、別の目的に合った香りをつけて下さい。
タイミングとしては、オーデパルファムは約4時間後、オーデトワレなら2〜3時間後くらいが良いでしょう。
あらかじめ持続時間がわかっていれば、香りをつけるタイミングをはかることもできるというわけです。
又どんなに良い香りでも、使い方を誤ると、とても不快な印象を与えてしまうことがあります。
TPOをわきまえ、香りを上手に楽しむ為に、気を付けなければならないことをちょっとまとめてみました。
例えば結婚式などの華やかな席では、思いっきりおしゃれもしたいけど、やはり人が大勢集まるのですから、あまり個性を強調しない香りがベストです。昼間なら普段使っている香りでもOKですが、夜のパーティーなどでは、オリエンタル系や、スパイシー系などの、ちょっとセクシー系の香りに挑戦してみるのもいいですね。
葬式や仏事では、香りをつけないのがマナーです。
病院や、お見舞いなども香りは控えなければなりません。
オフィスではあまり派手すぎないフローラルやグリーン系、ユニセックスの香りが、まわりの人々にも好感をもたれるようです。
お食事の時には、お料理を楽しむのに、じゃまにならないフルーティーフローラル系などの軽めの香りを下半身にごく少量だけにすることをお薦めいたします。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
香水についての基礎知識
香水のつけ方
香水の種類
香水の選び方と保存の仕方
香水のネーミング
香水の重ね使いとTPO
香水の効果と意外な使い方
香水とウェア
香水とフェロモンその1
香水とフェロモンその2
香水の流行
香水と嗅覚
香水のマリンタイプ
香水デオリッシモ
香水レーデュタン
香水フェミニテ・デュ・ボワ
香水オンブル・ローズ
香水ジャン・パトゥ
香水ルール・ブルー
香水でお姫様になれる方法
初めての香水