様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 香水 > 香水の選び方と保存の仕方

スポンサードリンク

香水の選び方と保存の仕方

好みの系統や、気分を変える為とか、デートだから、とか目的に合わせた香りの方向性が把握できたら、香水は簡単に選べます。
でも、その日の気分や体調によって、感じ方がデリケートに違ってくるのに気を付けましょう。
通りすがりに、何気なくかいだ香りにピンと感じたらそれに決める。(かなりいい加減ぽいけど、これが1番良い方法です)
またボトルの形でも香りのイメージがつかめるものです。気に入ったボトルから、香りをためして、好きか嫌いか、自分の感覚で決断します。
人によって香り方や感じ方が違うのは当たり前。他の人が気に入ったからといって、自分に合うとはかぎりません。
お気に入りの香水を持っている人は、それと同じブランドなら香りの系統が違っても、以外と気に入る香りだったりするものです。
慎重に選ぶなら、サンプルを実際につけてみるが一番、ムエットで時間を追ってかいでみます。
しかし、ミドルノートとラストノートは好きだけど、トップノートはちょっと ・・・なんて時もありますが、心地よい香りであればそれでOKにしましょう!
最後に・・・ 香りは人によって、好き嫌いがはっきりしています。 自分の為につける香水でも、周囲の人への気遣いはお忘れなく・・・・ TPOを守って、あの人の香は好きと言はれればご立派です。
香水にも寿命があり、封を切った瞬間から、キャップを開けるたびにアルコール分が蒸発し、濃度が濃くなっていきます。
保存状態がいいと2〜3年またはそれ以上もちますが、なるべくなら1年前後で使いきるようにしましょう。
保存の仕方として、
1.直射日光を避け
2.温度変化の激しいところには置かない
3.蓋の密閉に注意しなるべく空気に触れないように
この3点に気を付けましょう。
特に高価な香水は、少量をアトマイザーに移して使い、あとは冷蔵庫に保管すると長持ちします。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
香水についての基礎知識
香水のつけ方
香水の種類
香水の選び方と保存の仕方
香水のネーミング
香水の重ね使いとTPO
香水の効果と意外な使い方
香水とウェア
香水とフェロモンその1
香水とフェロモンその2
香水の流行
香水と嗅覚
香水のマリンタイプ
香水デオリッシモ
香水レーデュタン
香水フェミニテ・デュ・ボワ
香水オンブル・ローズ
香水ジャン・パトゥ
香水ルール・ブルー
香水でお姫様になれる方法
初めての香水