様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 香水 > 香水についての基礎知識

スポンサードリンク

香水についての基礎知識

元来、香水は宗教的な用途や薬用のものであつたが、現在では、楽しみやたしなみ として用いられている。香料をアルコールに香料を溶かして作られる。現在では無数のメーカー、ブランドがある。東洋人がもともと欧米に比較して体臭の少ない為か香水の使用量は未だ欧米ほどにはなってはいない。日本の製品もあるが、殆どの人気香水は海外から輸入されている。
装飾品同様、定番のブランドがある一方で、新商品、季節限定商品が市場で注目されることも多い。女優などが自分の名前を冠した商品やブランドを立ち上げることもある。
香水は付けた人間の体臭と混ざり合った香りが認識されるので、液体の香りそのものからは身に付けた際の香りを知ることはできない。肌の酸性度、水分量、皮脂量が各人異なり、皮膚を構成するタンパク質の末端のアミノ酸も違うので同じ香水を付けても香りに個人差がでる。またその香りも時間がたつにつれて変化する。その変化のしかたや早さは、香水の濃度や種類によってさまざまである。
揮発性を利用することから、一般的には体温の高い脈打つ場所につけるのが効果的。特にひじの内側につけると皮膚温が高く、動作のある為、効率よく揮発する。また香りの変化や持ち・目的に合わせてつける場所も変えるべきで。耳の後ろや首筋などの鼻に近い場所につけると強く、鼻から遠い場所につけると香りが弱く感じられる。またハンカチや衣服につける場合もあるが製品によりよるシミができることがあるので注意が必要となる。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
香水についての基礎知識
香水のつけ方
香水の種類
香水の選び方と保存の仕方
香水のネーミング
香水の重ね使いとTPO
香水の効果と意外な使い方
香水とウェア
香水とフェロモンその1
香水とフェロモンその2
香水の流行
香水と嗅覚
香水のマリンタイプ
香水デオリッシモ
香水レーデュタン
香水フェミニテ・デュ・ボワ
香水オンブル・ローズ
香水ジャン・パトゥ
香水ルール・ブルー
香水でお姫様になれる方法
初めての香水