様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 登山(山登り) > 年齢を考えて

スポンサードリンク

年齢を考えて

登山を本格的にした経験はなくても、山に行った人は多いでしょう。
学校の遠足でも、低いものでもそれなりの達成感を味わえる山に登った事でしょう。
いまの中高年の多くは「むかしは…」という記憶をもっています。
どんなときでも経験に勝る判断力はないわけですが、もはや10代20代の自分ではないということも、忘れないでください。
年齢を重ねるにしたがって、あせらずに余裕をもって山に向かうことのたいせつさです。
天候のよくないときに「せっかく来たのだから」といって、無理をして山に登っても楽しいことはありません。
頭も体も固くなっているからこそ、柔軟な発想がたいせつなのです。
加齢によってもっともダメになるのは、体力の回復力です。
無理をしないことと、休息することの重要さを認識してほしいと思います。
パーティーを組んで山に登っていて困るのは、足のおそい人でもなく、荷物の背負えない人でもなく、「みんなとうまくいかない人」です。
自分勝手に単独行動を取ったり、知ったかぶりの知識を振り回して、まわりのメンバーに迷惑をかけている意識も無い人。
そんな人と登る山は、楽しくなく、ただ辛いだけの山登りとなってしまいます。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
中高年に人気の登山
山岳都市
安全のために
単独登山は避ける
登山計画書
健康面に不安があるなら
登山靴の揃え方
リュックサックを選ぶポイント
山での服装
山登りにカッパは必ず持っていくこと
山歩きの基本は体づくりから
足にフィットした靴をはく
下りでの靴の締め方
ストレッチと楽な登り方
下り
山の天気
年齢を考えて