様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 登山(山登り) > ストレッチと楽な登り方

スポンサードリンク

ストレッチと楽な登り方

登山口に到着して、さぁ!山へ!
という前に、まずストレッチで体をほぐしましょう。
ストレッチに決まった方法はありませんが、腕を上や横に伸ばすストレッチと、太ももの前後と足首のストレッチを行なうようにしています。
下山後にも行なうとより効果的です。
傾斜地ならではの、楽な登り方もあるようです。
山の道の大半が傾斜地。
しかし、登りの傾斜が急になったら、ペースを落とさず、歩幅を小さくしていきます。
登りがつらくなったと感じたときも、やたらと休むのではなく、歩幅を小さくしてください。
傾斜がきつい斜面でも、できるだけ足の底を全部地面に着けるように心がけてください。
ある程度の傾斜までは、足首を曲げて、靴底を着けるようにします。
これをフラットフッティングといいます。
それが無理な傾斜になったら、足を逆ハの字にして登ってみましょう。
こういう傾斜になると、歩幅が大きいと疲れるだけでなく、後ろに蹴りだす力が働いて滑りやすくなったり、落石を起こしかねません。
山の歩き方、というのもあるようで、「右の腰を回転させて、左の足を出す。左の腰を回転させて、右の足を出す。」「下りのときは、つま先から着地し、ゆっくりとかかとを下ろす。」などと書かれていますが、ほんとうに書いた人もこんなこと考えて歩いているんでしょうか。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
中高年に人気の登山
山岳都市
安全のために
単独登山は避ける
登山計画書
健康面に不安があるなら
登山靴の揃え方
リュックサックを選ぶポイント
山での服装
山登りにカッパは必ず持っていくこと
山歩きの基本は体づくりから
足にフィットした靴をはく
下りでの靴の締め方
ストレッチと楽な登り方
下り
山の天気
年齢を考えて