様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 登山(山登り) > 登山靴の揃え方

スポンサードリンク

登山靴の揃え方

登山靴には2種類のタイプがあります。
自分はどの程度の登山をするのかに合わせて、選びましょう靴には「守り」を重視したタイプと、「軽快さ」を重視したタイプがあります。
そしてこの2つの要素はどうしても対立する関係にあります。
ここ15年くらいで大きく進歩した登山用具が靴です。
靴は用途によってはきわける時代になりました。
登山専門店に行くと、雪山や海外遠征にも使えるプラスチック製の靴、オールラウンドに使える服登山靴、沢登り用の靴、岩登り用の靴と、さまざまな靴が並んでいます。
そしてその横に山歩き用の靴がトレッキングシューズやハイキングシューズといった名前で売られています。
それらの靴は、何がどう違うのでしょうかたとえば靴の深さ。
ねんざを防ぎ、不安定な斜面を安全に通過するためには、足首をすっかりおおう深い靴がよいのですが、そうすると足首が固定されて軽快さは失われます。
足や足首を保護するためには、ある程度の靴の硬さが必要です。
革製の靴は重く、最初から足にしっくりいくというのは難しいですが、丁寧に使用するうちに馴染んで、使いよくなるはずです。

登山靴選びは最低20分かけて慎重に選ぶ時間的な余裕をもって購入し、ふだんのサイズの前後のサイズを、山で使用する靴下を履いて選びます。
ぴったりする靴が見つかったら、店の中を20分程度履いて試してみましょう。
高い買い物ですから、慎重に、じっくり選びましょう。
人の足は顔と同じで、さまざまなタイプがあり、扁平足の人もいれば、甲高の人もいます。
他の人に合った靴が、あなたにも最高かどうかは、はいてみなければ判らないのです。
靴を購入すると、その店がよい店かどうか判ります。
よい店なら、あわない靴の怖さを知っているので、靴選びの際に親身になって相談にのってくれるはずです。
また、靴同様、靴下も重要です。
意外に軽んじられる靴下ですが、穴のあいたものはマメの原因にもなります。
傷んできたら早めに交換することが必要です。
最近の靴下は、進歩が著しく、かかととつま先は摩擦に強い厚手にして、甲のぶぶんは通気性を持たせる為、薄手になっているものもあります。
靴下の重ね履きについては、各人の好みで良いでしょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
中高年に人気の登山
山岳都市
安全のために
単独登山は避ける
登山計画書
健康面に不安があるなら
登山靴の揃え方
リュックサックを選ぶポイント
山での服装
山登りにカッパは必ず持っていくこと
山歩きの基本は体づくりから
足にフィットした靴をはく
下りでの靴の締め方
ストレッチと楽な登り方
下り
山の天気
年齢を考えて