様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 登山(山登り) > 安全のために

スポンサードリンク

安全のために

山に登ろうと思って、ふと頭をよぎる不安。
「登っていて疲れて動けなくなったら」「道から足を踏み外したら」「変な人がいたら」「急に天気が悪くなったら」といった心配です。
漠然とした不安ですが、いずれも実際にあることばかりです。
各山岳地帯では、岩場での転落や雪山での滑落、雪崩などの事故や遭難に代わって、中高年を中心とした初心者による事故が急増しています。
いちばん大切なことは、「私はたいした登山をしているわけではないので大丈夫」と思わないことです。
低山やちょっとした裏山でも、登山者の死傷事故は起こっているのです。
よそ見をしていて道を踏み外したり、路肩が弱くなっていて崩れたり、道を間違えて日が暮れてしまったり、足を捻挫したり、お腹が痛くなって動けなくなったり、等など・・・。
こうした心配を取り除くには、まず無理な計画を立てないこと。
初心者は、一日の行動時間を4時間程度から始めましょう。
そうすれば、足が痛くなった、疲れて歩けない、といった事態にも、対処する余裕があるでしょう。
経験豊富な人に、アドバイスを求める事などです。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
中高年に人気の登山
山岳都市
安全のために
単独登山は避ける
登山計画書
健康面に不安があるなら
登山靴の揃え方
リュックサックを選ぶポイント
山での服装
山登りにカッパは必ず持っていくこと
山歩きの基本は体づくりから
足にフィットした靴をはく
下りでの靴の締め方
ストレッチと楽な登り方
下り
山の天気
年齢を考えて