様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 資格取得 > 資格を選ぶポイント

スポンサードリンク

資格を選ぶポイント

現在、日本には約1500種類の資格があると言われているが、もちろんそれらすべてが就職に有利になったり、仕事に活かせるわけではありません。就職に有利な資格を知るためには、まず、IT系・技術系・ビジネス系・語学系・医療・福祉系など、自分が目指す職種分野の資格を選ぶことです。

その次に重要なのは、その中から企業が社員の能力評価基準として重視している資格、あるいは今後そうなる可能性が高い資格を選ぶことです。選び出す基準は「適応範囲の広さ」「将来性」「キャリアアップ寄与度」の3つです。

この3つが備わった資格なら最強であるが、いきなりトップクラスの資格を狙うのではなく、まず初歩的資格を取得し、それからランクアップしていく方が当たりはずれがありません。また、今人気のある資格でも将来は衰退することもある。社会の大きな流れをつかむことも、資格選びでは極めて重要だと言えます。

最近の就職戦線は景気の低迷だけでなく、企業の採用基準が変化してきており、目的意識を持ち、「実践的能力」を兼ね備えた「即戦力」の人材が求められています。こうした採用ニーズに応えるためには、自分の適性・興味・能力等を的確に把握する自己分析、さらに資格取得やスキルアップは大きな要素になります。資格取得は実力の証明になるし、IT関連、語学、コミュニケーション能力(書き方、話し方)等のスキルアップは自信とアピールにつながります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
通信教育での資格取得
専門学校での資格取得
大学での資格取得
短期大学(短大)での資格取得
通信講座での資格取得
報奨金・資格手当て
パソコンの資格
簿記
健康運動指導士

宅地建物取引主任者
行政書士
宅地建物取引主任者(宅建)
米国公認会計士
ホームヘルパー
危険物取扱者
アロマテラピー
ネイリスト
食品衛生責任者
資格を選ぶポイント
ペン習字