様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 資格取得 > 米国公認会計士

スポンサードリンク

米国公認会計士

米国公認会計士は、21世紀の今もっとも注目を浴びているアメリカの資格です。米国公認会計士が注目を浴びる原因にはいくつもの理由があります。

日本の企業が海外の株式市場に上場する場合に、上場基準として米国会計の専門家が必要になります。その時に米国会計基準に基づいた財務状況の開示を行うために米国公認会計士の有資格者が今注目を浴びているのです。現在日本の公認会計士は約17000人、米国公認会計士有資格者は約3000人。海外で活動する日本企業が年々増えていく中で、絶対数が不足する米国公認会計士は有望資格として益々注目を浴びるのは言うまでもありません。

若い世代を中心に大企業よりも外資系企業を希望する志向が増えています。その際に米国公認会計士は非常に転職に有利に働く資格でもあります。今は時代の転換期を向かえているともいえる時期です。今が、資格取得者の少ない今が、米国公認会計士を取得するチャンスの時期と考えても良いでしょう。

米国公認会計士はこれからの時代有望な資格で需要が多い事だけで人気があるわけではありません。人気のひとつの要因として、日本の公認会計士の試験に比べて、比較的試験が簡単といわれています。じっくりと腰を据えて勉強すると十分合格することは可能です。

日本の公認会計士は定員制ですが、米国公認会計士は人数制限はありませんが、基本的な考え方や一定の基準は必要になります。受験資格は実務経験は必要なく、アラスカ州15単位、デラウエア州21単位など、比較的日本人でも受験条件をクリアしやすい州がたくさんあるのも魅力の一つです。この先には、年々受験資格が厳しくなってきており、大学院レベルの必要単位を求められている州もありますので、この数年が米国公認会計士資格取得のチャンスです。

米国公認会計士資格の受験をする上で心配な事柄の一つに英語力があります。TOEICで400点以上、すなわち高校卒業クラスの英語力があれば全く問題はないでしょう。もちろん、試験問題は全て英語ですが、最初にTOEICで400点以上のレベルがなくても、勉強を進めていけば身につくレベルであり、設問や形式はパターン化していますので、しっかり勉強する事で問題はないでしょう。また、ほとんどの問題は選択式であり、面接なども行われないので会話力も試験を受ける上では必要ありません。

米国公認会計士試験を受けるまでの流れですが、試験を受ける6ヶ月前から準備をする必要があります。日本の大学卒業の場合、学歴や会計単位などの確認手続きが必要になります。留学して、アメリカの大学を卒業した場合は必要ありません。大まかな流れとして、学歴評価申請を最初に行います。学歴評価機関がありますので書類を提出して、評価結果を受験州に送付してもらいます。この審査期間は約2〜3ヶ月掛かります。その後に願書を受験州に提出します。許可がおり、受験許可書を受け取り、ホテルや航空便の手配を行います。そして、試験を受けることになるのですが、時差や環境の変化を考慮してゆとりのあるスケジュールで受験に挑む事が大事です。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
通信教育での資格取得
専門学校での資格取得
大学での資格取得
短期大学(短大)での資格取得
通信講座での資格取得
報奨金・資格手当て
パソコンの資格
簿記
健康運動指導士

宅地建物取引主任者
行政書士
宅地建物取引主任者(宅建)
米国公認会計士
ホームヘルパー
危険物取扱者
アロマテラピー
ネイリスト
食品衛生責任者
資格を選ぶポイント
ペン習字