様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 保険 > 生命保険(破綻したら?)

スポンサードリンク

生命保険(破綻したら?)

加入している生命保険会社が破綻してしまっても、いままで払い込んだ保険料や保障は生命保険契約者保護機構によって保護されます。しかし保護されるのは破綻時の責任準備金の9割までで、保険金、満期保険金、解約返戻金などについては、契約した金額に対して9割までが補償されます。日本国内で引き受けられた全契約が対象で、個人保険・個人年金、勤務先で加入する団体保険・団体年金も含まれます。

このように保険会社が破綻した際には、一定の補償がありますが、私たちが誤解しやすく、しかもわかりにくいのは、まず、生命保険は期間が長い契約が多いので、破綻した時点で積立分が90%まで守られたとしても、将来の受取保険金の額は、90%よりも減ってしまう可能性があることです。将来の保険金の額は、引継ぎ時の運用の予定利率などの変更の程度や、保険期間がどの程度残っているかなどによって変わってきます。よって実際には、変更後の保険金額は破綻した保険会社からの通知を待つよりほかないのが現状です。

今後は、安定性のある保険会社を選ぶと同時に、より破綻の影響の少ない掛け捨て中心の保障を検討する方法も効果的でしょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
主契約と特約
定期保険
終身保険
個人年金保険
生命保険は必要か?
生命保険(医療保険)
生命保険への加入
生命保険を選ぶポイント
生命保険(老後のために)
生命・医療保険1
生命・医療保険2
生命・医療保険3
医療保険(がん保険)1
医療保険(がん保険)2
医療保険(無選別型)
医療保険
医療保険(外資系と国内の保険会社)
医療保険(掛け捨てか貯蓄型か)
医療保険(トラブルについて)
生命保険(子供保険)
生命保険(終身保険・定期付終身保険)
生命保険(定期保険)
生命保険(養老保険)
生命保険
生命保険(見直し)1
生命保険(見直し)2
生命保険(保険会社の安全性)
生命保険(共済)
保険(介護保険)
保険(介護費用保険)
生命保険(税金)
生命保険(破綻したら?)
自動車保険加入
対人賠償保険とは?
自損事故保険とは?
車両保険とは?
自動車保険の誕生
自動車損害賠償責任保険と任意保険
自動車保険の分類
自動車保険の補償
対物賠償責任保険
人身傷害補償保険とは?
エコノミー車両保険
リスク細分型の自動車保険
自動車保険の条件変更
運転者の年齢条件
自動車保険の免責
子供特約と臨時運転者特約
自動車保の短期契約
勤務先での自動車保険加入