様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 住宅購入 > 中古住宅を購入〜現況のチェック

スポンサードリンク

中古住宅を購入〜現況のチェック

契約前に、必ず仲介会社や管理人などの第三者立ち会いの元で、建物や設備の状態をチェックしましょう。
その際、壁紙や床、収納部分などの破損や汚れは「物件状況報告書」に記入します。
照明器具やエアコン、網戸などの付帯設備については、どこまでが売却範囲なのかを「付帯設備表」で確認してください。
さらに、補修や交換の費用は誰負担なのかも決めておくといいでしょう。
これらの書類は、仲介会社が事前に用意してくれるはずなので、もしリストをつくらなかったり、細かなチェックを渋るようなら、その会社は避けた方がいいでしょう。
入居後に欠陥が見つかった場合でも、築15年以内の一戸建てで、一定の条件をクリアしていれば、(財)住宅保証機構による保証制度で、構造耐力上主要な部分は5年間、雨水の進入を防ぐ部分は2年間保証してくれます。安心ですね。
この条件外の物件の場合は、引き渡し後に欠陥が生じた場合の保証について、予め決めておくことをオススメします。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
新築一戸建て購入〜土地の前歴をチェックする
新築一戸建て購入〜建築工法について
新築一戸建て購入〜購入前に環境などのチェックをしよう
新築一戸建て購入〜工事の過程を見る
新築一戸建て購入〜サッシや排水管
新築一戸建て購入〜チェックポイント-1
新築一戸建て購入〜チェックポイント-2
新築一戸建て購入〜チェックポイント-3
新築一戸建て購入〜注文住宅を建てる時の注意点
新築一戸建て購入〜二世帯住宅を建てる際の注意点
新築一戸建て購入〜安全防犯のチェック
新築一戸建て購入〜引渡し前のチェック
物件購入前のチェック
引っ越しの準備
新築マンション購入〜専有、共用部分のチェック
新築マンション購入〜まわりの環境などチェック
新築マンション購入〜モデルルームのチェック
新築マンション購入〜構造のチェック
新築マンション購入〜管理形態と規約のチェック
新築マンション購入〜安全防犯のチェック
中古住宅を購入〜重要な最初のチェック
中古住宅を購入〜価格のチェック
中古住宅を購入〜現況のチェック
中古マンションを購入〜チェックポイント-1
中古マンションを購入〜チェックポイント-2
中古一戸建てを購入〜チェックポイント-1
中古一戸建てを購入〜チェックポイント-2
中古住宅購入時にリフォームする際のチェックポイント
給排水管のチェック
面積を重視しよう
モデルルームについて
駐輪場と駐車場
電源・電話のモジュラー
重要な共有部分の充実度
床と天井をチェック
部屋と納戸について
重要な防音対策
間取りについて
中古マンションのメリット
中古マンションのリフォームについて
ツーバイフォー(2×4)工法
モノコック構造とセラミック系住宅
キッチンについて
床暖房とソーラーシステム
物件のまわりをチェック〜1
物件のまわりをチェック〜2
物件のまわりをチェック〜3
水まわりは重要
防音・防寒設備
中古物件の買い方
住宅リフォームについて
建て売り住宅のチェックポイント-1
建て売り住宅のチェックポイント-2
近所のことを知る
売却ならリフォームしてから
住宅ローンの種類
住宅ローンの返済について
用途地域と建ぺい率・容積率
不動産会社について
売却価格の査定について