様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 住宅購入 > 中古住宅を購入〜価格のチェック

スポンサードリンク

中古住宅を購入〜価格のチェック

中古住宅の価格の決め方は、マンションと一戸建てでは異なります。
築年数にもよりますが、一般的には、同じ場所の新築よりも1割から2割程度安いということです。
マンションの場合は、立地条件と築年数による建物の全体の評価に、部屋の間取りや向き(方角)など専有部分の評価、周辺の販売状況や売り主の事情が加味されて決められます。
一戸建ての場合は、築年数が古いと建物の評価はされず、土地のみの評価になることが多いようです。
一戸建てはマンションより個別性が強いため、相場での判断は難しくなりますが、開発規模の小さい物件は周辺の地価の影響で価格が変動しやすいようです。
中古住宅を購入するときは、その物件が売りに出ている理由を必ず確認しましょう。周辺の開発による日照や環境の悪化が原因の場合、要注意です。
やたら安い物件の場合は借地権がついていたり、「再建築不可」で建て替えができない、そのほか何かの理由があることが多いからです。
また、抵当権がついている場合は、売買ができないため、早々にローンを完済してもらい、抵当権を抹消する必要場あります。
必ず事前に登記簿謄本を確認しましょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
新築一戸建て購入〜土地の前歴をチェックする
新築一戸建て購入〜建築工法について
新築一戸建て購入〜購入前に環境などのチェックをしよう
新築一戸建て購入〜工事の過程を見る
新築一戸建て購入〜サッシや排水管
新築一戸建て購入〜チェックポイント-1
新築一戸建て購入〜チェックポイント-2
新築一戸建て購入〜チェックポイント-3
新築一戸建て購入〜注文住宅を建てる時の注意点
新築一戸建て購入〜二世帯住宅を建てる際の注意点
新築一戸建て購入〜安全防犯のチェック
新築一戸建て購入〜引渡し前のチェック
物件購入前のチェック
引っ越しの準備
新築マンション購入〜専有、共用部分のチェック
新築マンション購入〜まわりの環境などチェック
新築マンション購入〜モデルルームのチェック
新築マンション購入〜構造のチェック
新築マンション購入〜管理形態と規約のチェック
新築マンション購入〜安全防犯のチェック
中古住宅を購入〜重要な最初のチェック
中古住宅を購入〜価格のチェック
中古住宅を購入〜現況のチェック
中古マンションを購入〜チェックポイント-1
中古マンションを購入〜チェックポイント-2
中古一戸建てを購入〜チェックポイント-1
中古一戸建てを購入〜チェックポイント-2
中古住宅購入時にリフォームする際のチェックポイント
給排水管のチェック
面積を重視しよう
モデルルームについて
駐輪場と駐車場
電源・電話のモジュラー
重要な共有部分の充実度
床と天井をチェック
部屋と納戸について
重要な防音対策
間取りについて
中古マンションのメリット
中古マンションのリフォームについて
ツーバイフォー(2×4)工法
モノコック構造とセラミック系住宅
キッチンについて
床暖房とソーラーシステム
物件のまわりをチェック〜1
物件のまわりをチェック〜2
物件のまわりをチェック〜3
水まわりは重要
防音・防寒設備
中古物件の買い方
住宅リフォームについて
建て売り住宅のチェックポイント-1
建て売り住宅のチェックポイント-2
近所のことを知る
売却ならリフォームしてから
住宅ローンの種類
住宅ローンの返済について
用途地域と建ぺい率・容積率
不動産会社について
売却価格の査定について