様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 健康 > 和粗食

スポンサードリンク

和粗食

飽食の時代と言われてから久しいですが、そんな食べ物の溢れる時代にあって、今「粗食」である事が見直されています。
それに加えて日本では、これまで和粗食という、わが国独自の伝統的な食事が日本人の食生活を支えてきたという事実もありました。
かつては、和粗食こそ「日本そのもの」だったという時代があったのです。
その粗食を支えるもの、その1つが「水」です。
水こそ健康の源であるということは、これまでの専門家のさまざまな研究によって立証されています。
日本の水が、いかに日本人の健康や長寿に寄与しているかは、論を待つまでもないことでしょう。
水に恵まれているということは、日本人が健康で長生きできる重要な要素のひとつとしてまず考えられます。
朝、昼、晩と一日に三度、日本人は必ず和粗食を食べて暮らしていました(この和粗食も「恵まれた水」なしでは語れない、世界でも特異な料理のひとつなのです)。
そして、この伝統的な和粗食は、とても質素な食事とも言えます。
身近な素材を使った簡素な食事が日本人を支えていたのです。

本来の日本の食事は、世界中のどんな料理にも負けないほど、新鮮な野菜や魚を中心とした食事でした。
栄養成分も豊富に含まれていたのです。
「質素だけど新鮮な素材を使った、栄養満点の和粗食と、長寿国二ッボン」和粗食がが質素な食事でも、それを常食していた日本人が長寿だったという事実があります。
つまり、日本人が和粗食を食べ続けてきたことと、日本が世界的な長寿国になれたという事実との間に、必ずなんらかの因果関係があるのです。
もちろん、健康で長生きするためには、食事以外にもさまざまな重要な要素があることは、想像に難くありません。
しかし、食生活ほど人間の健康にとって大切なものはないのです。
和粗食こそは、21世紀の現代においても、十分に通用する、健康食なのです。
昭和40年代を境に変化した、日本の食生活。
ハンバーガーやインスタントラーメンの登場で手軽に食べられる食品へと、人々の食事が変わっていきました。
重要なのは、現在長寿と言われている人達は、その頃青年期・壮年期だった人達なのです。
彼らは、インスタント食品登場前の、和粗食で育ち、健康の基礎を作ってきた人達なのです。
今も元気なこれらの年代のお年寄りには、現在も和粗食の生活を送っている人が多いのです。

最近の日本人の食生活の実態はどうなっているのでしょうか。
昭和30年以後、日本には沢山の外国の食事が進出してきました。
ハンバーガーや、フライドチキンなどのファーストフードは、そのオシャレな形態から若者を中心に、アッという間に日本中に広まっていきました。
その後、「グルメ・ブーム」がやってきました。
巷ではイタメシ(イタリア料理)をはじめ、フランス料理、韓国料理、タイ料理そしてファミリーレストランや屋台村に代表される「無国籍料理」などが軒を連ねています。
TVをつければ、旅番組と言っても日本、いや世界各地の食べ物を紹介する番組の、なんと多いこと。
グルメ雑誌と呼ばれる、ラーメン、スイーツ、パスタなどさまざまな料理の種類毎に雑誌が店頭に並んでいます。
わたしたちはお金さえ出せば、世界中のどんな料理を口にすることもできます。
今の食事文化の主流は、ほとんどが外国料理中心ではありませんか?
もちろん、外国料理には、外国の料理のよさがあります。
ただ、どうしてみんなが日本古来の食べ物へもう少し関心を寄せないのだろうかと、思います。

日本には「和粗食」という伝統的な、そして外国の料理にも決して引けをとらない、すばらしい食文化が長い間息づいていたのです。
確かに、野菜や魚を中心とした和粗食には、往年の人気はないかもしれません。
特に若い方には、物足りないものも、あるかもしれません。
しかし、和粗食ならではのすばらしい点もたくさんあるのです。
世界各国の食事を居ながらにして口にできる現在の日本人にとって和粗食とは、もはや高級料亭や割烹料理屋での「値段だけが高い料理」という認識しかないのでしょうか。
世界に誇れる和粗食とは、これまで日本の庶民生活に密着した身近な食べ物でした。
それが昨今のグルメ・ブームとやらの影響で、若者たちは「和粗食=高級食事、それならば安くて手軽なタイ料理」という図式を作り上げたのでしょうか。
本来、和粗食とは、自然界の身の周りにある草木や魚などを、先人たちの体験や知恵から得た方法で調理し、長い間身近に食してきたのです。
いわば、日本の庶民の生活体験の中から自然発生的に生まれてきた独特の料理なのです。

和粗食は体によくてダイエットになる理想食昔から、「食は医なり」と言われています。
この言葉は、正しい食事をしていれば、病気になりにくい、あるいは、万が一病気になったとしても、食を正せば病気は治るという言い伝えを指しています。
以前はそれだけ食べ物に対しての信頼や関心、そして信仰に近い畏怖をわれわれ日本人は持ち合わせていたのです。
それほど日本古来の食べ物=和粗食は、切っても切れない密接な関係を保ってきたのです。
つまり和粗食は食卓の主役、病気にも打ち勝つ万能の料理なのです。
では、現代では和粗食と日本人の生活との繋がりはどのようになっているのかと言えば、先にも触れたように、その関係はかなり希薄です。
皮肉なことに、欧米で最近になって日本食が健康によいという理由でもてはやされているというのは、皮肉なものです。
巷では、さまざまな料理の本や、食事に関する情報があふれています。
雑誌やテレビだけではなく、新聞の文化欄でも、盛んに食事に関する記事を取り上げています。
それだけ現代人が食べることに関心を寄せているということなのでしょう。
そしてこの食べ物ブームと並行するように最近では、健康やダイエットに関してもかなりの関心が集まっているようです。
「体によいものを食べて、病気知らずでより健康になり、しかもそれでダイエットができれば最高」このぜいたくな言葉が、今の人気のキーワードなのでしょう。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
抗酸化ビタミン
カルシウム不足
植物性食品の摂取
免疫強化の切り札は抗酸化物質
サビ止め酵素
解毒カアップにカレーライスと魚介類
自律神経をうまく切り替えよう
DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)
太陽の光
朝食をとって体温(脳温)を上げよう
正しい姿勢
カルシウム不足を克服しよう
からだをサビさせる活性酸素
内臓脂肪の減らし方・燃焼ダイエット
ATP(アデノシン三リン酸)
ストレス発散に有効なこと
大腸を動かして、便秘解消、便を上手に追い出す方法
ウォーキング
いい汗をかく
タバコの害
免疫力
ナチュラルキラー細胞(NK紺胞)とラクトフェリン
和粗食
すべては血管壁の傷から始まる
人には、天然の空気清浄器がついている
風邪の治療法
基礎代謝を上げる
中年太りは筋肉の減少とともに始まる
体脂肪を減らす為に、筋肉を鍛えよう
体脂肪がたまらないからだを作ろう
記憶力アップさせるのは、レモンとコーヒーの香り?
記憶は海馬で一時保存される
基礎代謝
創造力を高めるには
免疫力をアップさせよう
ゲルマニウムを使った健康グッズ
帯状疱疹の治療
痛風の治療
メタボリックシンドローム予防・対策
自然気胸の治療
アルコールと肝臓
イボとウオノメ
ゲルマニウム温浴
アセトアルデヒド
紫外線対策
老化はからだの劣化現象
がん予防
ボケ防止
発酵と腐敗
高レシチン食
発熱の対処法
背骨の矯正
水の働き
水分の補給
肥満
便秘が引き起こす症状
運動中の水分補給
皮膚と紫外線
過労死
食べ過ぎは老化を促す
有機酸
有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウム
髪にいい栄養素
肝臓にいい食品
血圧が高めの方は気をつけて
頭痛の治し方
足のむくみ解消法
ふくらはぎが張ったときのツボ押しテクニック
足がつったときの対処法
下半身のだるさにはウエスト運動が効く
膝の痛み
大腿四頭筋のストレッチ
かかとの痛み解消法
疲労回復ストレッチ
足の疲れ・むくみ解消法
関節炎・腱鞘炎の予防
ツボ治療
ヨガの弓のポーズ
正しい歩き方
病気のサイン
臓器の不調
胃のツボ
朝食前の軽いウォーキング
食欲増進
弱った胃腸をヨガで回復
飲泉法を試してみよう
飲み物でリラックス
疲れた胃には、ぬるめの牛乳
ミカンの皮
胃にやさしい食べ物
キムチで消化促進
粉山椒で食欲増進
肩こり解消法
交感神経と副交感神経
自律神経の働き
疲労回復法
シソ湯で体の調子を整えてみよう
シジミを使った二日酔い解消法
ドライヤーでツボを温める
二日酔いに効くツボ
お風呂に入って疲れを取ろう
湯船にゆっくり浸かる習慣

二日酔いを防ぐ入浴法
自宅でもできる打たせ湯の方法
入浴効果を高める照明テクニック
リンゴ湯
アルコール風呂
コーヒー風呂
睡眠による疲労回復
安眠・熟睡・疲労回復と枕
レム睡眠とノンレム睡眠
自己暗示法(マントラ療法)
肉体疲労で熟睡
レタスジュースで安眠
ホットミルクで疲労回復
すっきりと目覚める方法
青竹ふみ
指そらし健康法
にんにく健康法
ペパーミントオイル
簡単目覚まし術
太陽光を浴びる
通勤電車内での疲労回復法
柱を使ったストレッチ
通勤電車内での時間の使い方
大豆製品
疲労回復にオススメのおやつ
梅肉エキス
にんにく団子で疲労回復
しょうがで疲れを取る
りんご酒で疲れを取る
ドライフルーツのクコやクコの葉を使って疲労回復
コーヒーで体の疲れを取る
日本茶の覚醒作用で脳を刺激する
こめかみたたきで血行を促進し疲れを取る
ゴルフボールで足裏マッサージ
首の疲れを取る
ストレッチで脳をリフレッシュ
居眠り
肩の上下運動
簡単肩こり解消法
スーパーの袋を使った簡単肩こり解消法
肩こりの症状
簡単な肩こり解消法
腰痛対策
肩こりに効くツボ
ビタミンC
葛根湯
足の裏にある首のつけ根のツボ
寝違い解消法
腰痛予防
腰痛対策
アキレス腱
階段を使った腰痛解消法
洗濯物を干しながらの腰痛解消法
腰痛解消大股開き体操
ぎっくり腰治療法(ぎっくり腰の治し方)
指圧運動
腰痛予防
湯船につかる習慣
デスクワーク
背中のストレッチ
疲れ目緩和のスプーンマッサージ
目の疲れを取るツボ
めまいをともなう目の疲れの癒し方
ドライアイ対策
疲労
休養
睡眠
睡眠は量より質が大事
快眠できる寝室作り
快眠のための寝具選び
ぐっすり眠れるふとんの選び方
リラックス
ぬるま湯でリラックス
入浴の健康効果
入浴するうえでの注意点
半身浴
音楽療法
アロマセラピー
アニマルセラピー
活性酸素
目の老化や回復効果がある栄養素
日焼けサロンの紫外線
歩くこと
準備運動
オーバーワーク
ストレス
歯周病