様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 健康 > ナチュラルキラー細胞(NK紺胞)とラクトフェリン

スポンサードリンク

ナチュラルキラー細胞(NK紺胞)とラクトフェリン

リンパ球の一種である、ナチュラルキラー細胞(NK紺胞)は、病原菌やウイルスに犯されている細胞に働きかけ、私達の体を守ってくれます。
このNK細胞を元気にしてくれる働きをするタンパク質にラクトフェリンがあります。
ラクトフェリンは、赤い色をした糖タンパク質で鉄と結合しやすい性質をもっているために「ラクト(乳)」とフェリン(鉄)を合わせて名付けられました。
私たの環境には、細菌やウイルスがたくさん存在しており、私たちの腸内には約100種類、100兆もの細菌が住みついているといわれます。
その中にはビフィズス菌に代表される善玉菌と、大腸菌など病原性があったり、発がん物質をつくりだす悪玉菌が含まれています。
ラクトフェリンは、NK細胞を元気づけて腸内の善玉菌であるビフィズス菌などを増やすプレバイオティクス機能を発揮する一方で悪玉菌が増えるのを抑える抗菌作用を発揮します。
ラクトフェリンを一週間与え続けたマウスと与えなかったマウスの血液を比較した結果、与えたマウスではNK細胞が増殖し生き生きとしました。

ラクトフェリンは、抗酸化物質と呼ばれるものの仲間でもあり、休の中にある過剰な活性酸素を調節する働きもあります。
過剰な活性酸素は、細胞の老化を早め、肌のシミやシワの原因にもなります。
ほかにもラクトフェリンは、「多機能性タンパク質」とも呼ばれ、さまざまな働きを備えていることが報告されており、そのため世界中でさまざまな研究が進められています。
生まれたばかりの赤ちゃんは母乳ですくすくと育ちますが、この母乳に含まれているタンパク質のうち約10〜30%がラクトフェリンで授乳期の赤ちやんには欠かせない栄養成分になっています。
ヒトの母乳の場合、1リットル中に1〜3gのラクトフェリンが含まれており、初乳はもっと多く5〜7g含まれています。
また、母乳だけでなくだ液や涙などの分泌液、さらには血液にも含まれています。
母乳に含まれるラクトフェリンは、ウシの乳の10倍ほどありますが、ラクトフェリンはたん白質なので、高温で殺菌された牛乳や乳製品に含まれるものは、本来の機能を失っています。
このため、牛乳から分離、精製されたラクトフェリンを添加してさまざまな機能を期待した「ラクトフェリン入り」の粉ミルクやヨーグルトなどの乳製品やサプリメント、化粧品などが商品化されています。
また、ラクトフェリンより強力な作用をもつラクトフェリンの分解産物が発見され、注目されています。
これは、1992年森永乳業の研究グループが発見した、ラクトフェリンが胃の中で消化される際に生成されるアミノ酸が複数つながったペプチドで、「ラクトフェシリン」と名付けられています。
この物質は、細菌や真菌に対してラクトフェリンの数十倍以上に強い抗菌活性のあることが分かりました。
マウスの実験でガンの転移を抑える作用なども報告されています。
加齢と共に低下してゆく免疫力を回復する為に、ラクトフェリンを摂取しましょう。
育児用粉ミルクなどに配合されている他、ラクトフェリンを含んだサプリメントなども販売されています。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
抗酸化ビタミン
カルシウム不足
植物性食品の摂取
免疫強化の切り札は抗酸化物質
サビ止め酵素
解毒カアップにカレーライスと魚介類
自律神経をうまく切り替えよう
DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)
太陽の光
朝食をとって体温(脳温)を上げよう
正しい姿勢
カルシウム不足を克服しよう
からだをサビさせる活性酸素
内臓脂肪の減らし方・燃焼ダイエット
ATP(アデノシン三リン酸)
ストレス発散に有効なこと
大腸を動かして、便秘解消、便を上手に追い出す方法
ウォーキング
いい汗をかく
タバコの害
免疫力
ナチュラルキラー細胞(NK紺胞)とラクトフェリン
和粗食
すべては血管壁の傷から始まる
人には、天然の空気清浄器がついている
風邪の治療法
基礎代謝を上げる
中年太りは筋肉の減少とともに始まる
体脂肪を減らす為に、筋肉を鍛えよう
体脂肪がたまらないからだを作ろう
記憶力アップさせるのは、レモンとコーヒーの香り?
記憶は海馬で一時保存される
基礎代謝
創造力を高めるには
免疫力をアップさせよう
ゲルマニウムを使った健康グッズ
帯状疱疹の治療
痛風の治療
メタボリックシンドローム予防・対策
自然気胸の治療
アルコールと肝臓
イボとウオノメ
ゲルマニウム温浴
アセトアルデヒド
紫外線対策
老化はからだの劣化現象
がん予防
ボケ防止
発酵と腐敗
高レシチン食
発熱の対処法
背骨の矯正
水の働き
水分の補給
肥満
便秘が引き起こす症状
運動中の水分補給
皮膚と紫外線
過労死
食べ過ぎは老化を促す
有機酸
有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウム
髪にいい栄養素
肝臓にいい食品
血圧が高めの方は気をつけて
頭痛の治し方
足のむくみ解消法
ふくらはぎが張ったときのツボ押しテクニック
足がつったときの対処法
下半身のだるさにはウエスト運動が効く
膝の痛み
大腿四頭筋のストレッチ
かかとの痛み解消法
疲労回復ストレッチ
足の疲れ・むくみ解消法
関節炎・腱鞘炎の予防
ツボ治療
ヨガの弓のポーズ
正しい歩き方
病気のサイン
臓器の不調
胃のツボ
朝食前の軽いウォーキング
食欲増進
弱った胃腸をヨガで回復
飲泉法を試してみよう
飲み物でリラックス
疲れた胃には、ぬるめの牛乳
ミカンの皮
胃にやさしい食べ物
キムチで消化促進
粉山椒で食欲増進
肩こり解消法
交感神経と副交感神経
自律神経の働き
疲労回復法
シソ湯で体の調子を整えてみよう
シジミを使った二日酔い解消法
ドライヤーでツボを温める
二日酔いに効くツボ
お風呂に入って疲れを取ろう
湯船にゆっくり浸かる習慣

二日酔いを防ぐ入浴法
自宅でもできる打たせ湯の方法
入浴効果を高める照明テクニック
リンゴ湯
アルコール風呂
コーヒー風呂
睡眠による疲労回復
安眠・熟睡・疲労回復と枕
レム睡眠とノンレム睡眠
自己暗示法(マントラ療法)
肉体疲労で熟睡
レタスジュースで安眠
ホットミルクで疲労回復
すっきりと目覚める方法
青竹ふみ
指そらし健康法
にんにく健康法
ペパーミントオイル
簡単目覚まし術
太陽光を浴びる
通勤電車内での疲労回復法
柱を使ったストレッチ
通勤電車内での時間の使い方
大豆製品
疲労回復にオススメのおやつ
梅肉エキス
にんにく団子で疲労回復
しょうがで疲れを取る
りんご酒で疲れを取る
ドライフルーツのクコやクコの葉を使って疲労回復
コーヒーで体の疲れを取る
日本茶の覚醒作用で脳を刺激する
こめかみたたきで血行を促進し疲れを取る
ゴルフボールで足裏マッサージ
首の疲れを取る
ストレッチで脳をリフレッシュ
居眠り
肩の上下運動
簡単肩こり解消法
スーパーの袋を使った簡単肩こり解消法
肩こりの症状
簡単な肩こり解消法
腰痛対策
肩こりに効くツボ
ビタミンC
葛根湯
足の裏にある首のつけ根のツボ
寝違い解消法
腰痛予防
腰痛対策
アキレス腱
階段を使った腰痛解消法
洗濯物を干しながらの腰痛解消法
腰痛解消大股開き体操
ぎっくり腰治療法(ぎっくり腰の治し方)
指圧運動
腰痛予防
湯船につかる習慣
デスクワーク
背中のストレッチ
疲れ目緩和のスプーンマッサージ
目の疲れを取るツボ
めまいをともなう目の疲れの癒し方
ドライアイ対策
疲労
休養
睡眠
睡眠は量より質が大事
快眠できる寝室作り
快眠のための寝具選び
ぐっすり眠れるふとんの選び方
リラックス
ぬるま湯でリラックス
入浴の健康効果
入浴するうえでの注意点
半身浴
音楽療法
アロマセラピー
アニマルセラピー
活性酸素
目の老化や回復効果がある栄養素
日焼けサロンの紫外線
歩くこと
準備運動
オーバーワーク
ストレス
歯周病