様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > 軸性近視とは?

スポンサードリンク

軸性近視とは?

軸性近視は網膜の手前にピントが合っている状態を指します。これを治すには、凹レンズを使って焦点距離をもう少し遠くへ補正してあげればよいのです。その目的として一番最初に行われたのがメガネです。凹レンズを目の前に固定してピントの位置を変えると良く見えるようになります。次に出てきたのは、目の上にレンズをのせるコンタクトレンズでした。

そこで、角膜そのものを削って屈折力を修正すると言う考えが生まれ、それが、角膜屈折矯正手術なのです。近視とは、眼のボディサイズが大きいために焦点を奥深くに移動しなければピントが合わなくなっている状態でした。

しかし、手術によって治すのは、ボディサイズではなく屈折力なのです。近視そのものを治しているわけではないので、手術をしても近視の人が本来持っているリスクはそのまま残ります。

近視の人は持っているリスクとは軸性近視の人の場合、眼のボディサイズが大きいわけですから当然網膜の長さが合わないことになります。

これを解決するために網膜は端の方でいつも引っ張られるような状態になって無理な力がかかっています。そのため、強い力が加わった時に網膜の端の部分が剥がれる網膜剥離を起こしやすくなります。剥離までいかないまでも網膜自身が変性など起こしやすく機能低下を招く恐れもあります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?