様々なジャンルの記事を掲載する情報サイトです。

ホーム > 視力回復・レーシック > 遠くを見る

スポンサードリンク

遠くを見る

遠くを見ると目によいとは、昔からよくいわれて来たことです。我々の日常生活ではテレビを見たり携帯電話の画面を見たりなど近くを見る機会が圧倒的に多くなってしまっています。この環境的な問題が、近視になる原因のひとつと考えられています。

近くを見続けることは、水晶体の厚みが増したままの時間を多く過ごすことになり、目にとっても負担がかかった状態が長く続くという事です。
それに比べ遠くをみるということは、目はピントを合わせる必要がなく、目もリラックスしている状態です。遠くを見るときには、なるべく遠くの一点をみる習慣を持つとよいとされています。

遠くを見る習慣を身につけると、目の健康にとってよいことはあっても悪いことはありませんし、心身のストレスを開放するという意味でも大変よいことです。1日1回短時間でもよいので、遠くを見る習慣をぜひ身につけましょう。

視力が回復するように、なるべく目に負担をかけない生活。例えばテレビを見ない、テレビゲームをしないなどに気をつけることが考えられますが、現代社会において全てを排除するというのも不可能に近いものですし、それによってストレスがたまり、結局はプラスにならないことになります。

スポンサードリンク

ジャンル一覧

[ 健康 | ビタミン・ミネラル | 視力回復・レーシック | マッサージ | 食品 ]
[ 香水 | ブランド品1 | ブランド品2 ]
[ 学習・教育 | 資格取得英語・英会話 | バイト(アルバイト) | 人材派遣 | 転職 ]
[ 生活 | 生活トラブル | 高齢者介護 | 結婚式 | 住宅購入 | 住宅リフォーム | 引っ越し ]
[ 株取引 | FX(外国為替証拠金取引) | 保険 | クレジットカード | コンビニ経営 ]
[ 登山(山登り) | 音楽・動画配信 | ペット ]
[ ダイエット | 産後ダイエット | 美容整形 | 基礎化粧品 | 美肌 ]
 
メニュー
コンタクトレンズ
レーシック
メガネ
子どものメガネ
正しいメガネ
メガネレンズの傷
ルーペ
遮光眼鏡
遠視とは?
老眼とは?
視力が良くてもメガネが必要なケース
両目視とは?
コンタクトレンズによる眼障害
目の構造
近視と遠視
コンタクトレンズと失明
視力回復方法
海外のレーシック事情
コンタクトレンズの弊害
レーシックのリスク
ブルーベリー
花粉症
仮性近視とは?
乱視とは?
視力回復のツボ
遠くを見る
コンタクトレンズのメリット・デメリット
軸性近視とは?
ドライアイとは?